デジタル人民元、「米ドルにはほとんど影響ない」と専門家

china_132710906_s.jpg

 中国はすでにデジタル決済に関するインフラおよびイノベーションにおいて「優位に立っているが」、デジタル人民元のローンチは米ドルの支配に脅威をもたらさない、と主要な経済学者が述べた。

 プロジェクト・シンジケートに掲載されたオピニオン記事において、コーネル大学の教授およびブルッキングス研究所の上級研究員を務めているインド人経済学者のエスワー・プラサド氏は、中国の中央銀行によるCBDC(中央銀行発行デジタル通貨)は「支配的な国際準備通貨という米ドルの地位にほとんど影響を与えないだろう」と述べた。

 しかし、プラサド氏は中国が(主にBC⦅ブロックチェーン⦆を利用した)「クロスボーダー決済システム」によってデジタル人民元を合理化し、「政府が金融マーケットを改革し続け、資本移動に関しての制限を取り除けば」、デジタル人民元は「国際決済通貨としての人民元の役割を高める」可能性があるとも認めた。

 しかし、デジタル人民元の発展はすべて、米ドルというよりも他の国際通貨を犠牲にしてもたらされるだろう、とプラサド氏は述べる。

 プラサド氏は以下のように述べる。

 「決済手段および準備通貨として人民元が過去数年に得てきたものはすべて、主にユーロや英ポンドの犠牲の下でもたらされた。IMF(国際通貨基金)が人民元をSDR(特別引出権)バスケットに加え、10.9%の比率を与えた際においても、影響を受けたのは主にユーロ、ポンド、日本円であり、ドルではなかった」

 デジタル人民元がどれほど技術的に優れていても、中国人民銀行がこれまで厳しく自国通貨を規制してきたことを考慮すると、海外の投資家は人民元に多額を投資するという考えにはまだ警戒心を抱いているだろう、ともプラサド氏は述べている。

 そして、過去数年間に米国が国内でどのように見なされていたとしても、国際金融という場では市場はまだ米ドルに絶大な信頼を抱いている。

 プラサド氏は以下のように結論付けた。

 「米国の経済的支配、重厚で流動的な市場、未だ丈夫な行政組織は、米国が世界の主要な準備通貨として未だに本格的なライバルを有していないということを意味している」

 最近報道されたように、中国はデジタル人民元の試験拡大について政策を変更し、「状況はより複雑であり」、20年後半にデジタル人民元をローンチできるかどうかはまだ分からないと主張している。一方で、中国企業は国際貿易取引においてBCを技術を利用していることが知られている。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/expert-writes-off-digital-yuan-s-chances-of-ending-us-dollar-7558.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて