中国政府がデジタル人民元の試験運用拡大を否定か

71034551_s.jpg

 中国政府は国内の最も経済的に豊な地域への進出を含むデジタル人民元の拡大計画の詳細を発表していたが、その数日後にデジタル人民元の試験運用を拡大しないと示唆した。

 クリプトニュース・ドットコムが以前報道したように、中国商務部は先日、北京周辺地域、珠江デルタ、長江デルタなどの重要な経済地域にいわゆるDCEP(デジタル通貨電子決済)プロジェクトを拡大する計画を発表していた。この動きを受けて、多くの人々がデジタル人民元のローンチが迫っており、20年後半にも開始されるかもしれないと結論付けた。

 しかし、そのわずか数日後、中国政府はデジタル人民元に関する高まる予想を抑えたいようであり、政府の広報活動を担っているチャイナデイリーに掲載された記事の中でデジタル人民元に関する高まる予想を否定した。

 チャイナデイリーは中国人民銀行がデジタル人民元・プロジェクトを担当していることを強調し、「事情に詳しい者」による、「4つの地域および22年冬季オリンピックに関係するいくつかの場所」以外に試験運用を拡大する予定は存在しない、という趣旨の発言を引用した。

 この記事は、中国人民銀行は「(DCEP)の公式ローンチに関する具体的な計画を有していない」と述べている。

 チャイナデイリーの「情報源」は以下のようにも述べている。

 「試験運用はまだ大規模に拡大されておらず、内部で行われている(だけであり)、閉ざされたものである。私が知る限り、試験運用は今のところ変更されていない」

 上述の記事の執筆者は、「金融当局が解決しなければいけないくつかの重要な問題」には「人々をもっとデジタル通貨の利用に親しませるための技術的およびプロモーションに関する問題」が含まれると述べる。

 チャイナデイリーは、中国商務部の試験運用に関する計画は事実だが、「政策を担っているのは中国人民銀行である」と主張し、商務部の計画は条件付きであると述べた。

 チャイナデイリーは以下のように結論付けている。

 「状況は非常に『複雑である』ため、初期計画の調整はあり得るが、(DCEP)が20年後半にローンチできるかはまだ分からない」

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/beijing-makes-digital-yuan-pilot-expansion-plan-u-turn-7478.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて