中国がデジタル人民元の試験運用を大幅拡大へ

china_44415598_s.jpg

 報道によれば、中国がCBDC(中央銀行発行デジタル通貨)の発行に近づく中、中国人民銀行はデジタル人民元の試験運用を大きく拡大する予定である。

 ウォール・ストリート・ジャーナルによれば、中国商務部はデジタル人民元の試験運用(今のところ5月から5つの都市で行われている)をまもなく「中国で最も繁栄している地域のほとんど」に拡大し、それ以外の地域でも多くの地域で試験運用を行っていくと述べている。

 中国人民銀行および主要な国有商業銀行4社が関わるこの試験運用は北京全体、天津市および河北省の衛星都市、長江デルタ、南部沿岸地域、そしていわゆる珠江デルタ周辺の粤港澳大湾区に拡大される。

 詳細の確認が取れていない以前の報道によれば、国有商業銀行(中国にとって産業および商業的な成長のための1つの主要な目標)はデジタル人民元の試験運用のための準備を進めている。

 ウォール・ストリート・ジャーナルによれば、中国商務部はさらに「より貧しい中央および西部地域の都市も一定の条件を満たせばデジタル貨幣の試験運用を開始する」と主張している。

 中国商務部は試験運用はまだ中国人民銀行によって運営されていると述べ、試験運用の拡大がいつ始まるのか具体的に言及しなかったが、「政策設計」については「20年末までに」完了させることを目指していると述べた。

 中国商務部はデジタル人民元の推進は「中国により高価値な産業をもたらし、同国の経済を改良する」ための計画の一部であるとも述べた。

 中国の主要なニュースメディアおよ海外の観察者によれば、アリババやテンセントなどを含む数社の中国の最も巨大なテクノロジー企業がCBDC関連の試験運用および設計に関して水面下で中国人民銀行に協力している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/china-set-for-huge-expansion-of-digital-currency-pilot-7428.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて