暗号資産決済は金融システムに崩壊もたらす―ロシア議長

russia_112648755_s.jpg

 ロシアの暗号資産(仮想通貨)関連法の主導者は、ビットコイン(BTC)やアルトコインでの支払いを禁止する新たな国内法を擁護した。規制がなければ、ルーブルベースのロシア金融システムが崩壊していた可能性があると主張している。

 この発言は金融市場委員会議長であるアナトリー・アクサーコフ氏によるもので、国営放送のロシア語版ロシア・トゥデイのインタビューの中で述べられた。

 アクサーコフ氏は、モスクワは「デジタル通貨を価値通貨手段として合法化する予定はない」と述べたのち、次のように発言した。

 「(暗号資産は)世界各地で商品の支払い方法として利用することができるが、ロシアではそうはいかない。デジタル通貨をルーブルと同様に正式な決済手段として認識することは、経済全体の円滑な運営を確立している金融システムの崩壊を意味する。ルーブルに変わる決済手段としての暗号資産の合法化は、現状予定にはない。」

 しかし、アクサーコフ氏はモスクワが発展を続けるブロックチェーン(BC)技術分野に大きな期待を抱いていると指摘した。BC技術を用いることで国際間取引の発展に貢献するだろうと述べ、同国が負う国際制裁における責任を回避する際に役立つとまで主張した。

 「今業界では、BCネットワークで海外提携企業からの投資融資や、商品の販売も行うことができる。また、BC技術の特徴を利用して、制裁措置関連の制約を回避することで、貿易の発展に貢献することができる。」

 以前のレポートにある通り、新たな法律では暗号資産決済が禁止されているが、当業界に与える影響はそれほど大きくないようだ。早くて21年には包括的な規制が施行されるが、それでも「暗号資産の概念」に多少の意味が加わるだけに過ぎない。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/russian-lawmaker-crypto-pay-could-destroy-the-financial-syst-7431.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて