中国の需要急増満たすため、多くのブロックチェーン修了者が必要

149717846_s.jpg

 中国のブロックチェーン卒業生の一団は20年後半に講座を開始する予定だが、終了は24年で、専門家は、学界が業界の需要から「深刻な遅れを取っている」と警告している。

 火星財経によると、北京にある中国コミュニティ大学のデジタル経済発展研究センター長は、バイドゥが手掛けるスーパーチェーンのホワイト・ペーパーの記者会見で、中国のブロックチェーン業界は急速に発展しており、教育部門は追いつけていないと記者に話した。

 20年3月に発表された成都信息工程大学が運営している新しいブロックチェーン工学学部過程について、いろいろ話されている。現在登録は完了し、中国の学期が始まる9月に最初の学生の学業が始まる。

 しかし、大学院生の第一団は24年まで成都大学の講座を終了できないだろう。

 19年にブロックチェーン研究センターを開講した上海の復旦大学を含め、中国の他大学もブロックチェーンの講座を開講した。

 清華大学、浙江大学、北京の中央財経大学すべてがブロックチェーン関連の大学院過程やモジュールを提供しているが、中国は急増するブロックチェーンの需要を満たすため、より多くの専門家を開拓することに熱心である。したがって、教育課長は、より多くの大学が大学院生にブロックチェーン過程の選択肢を与えることを望んでいる。

 報じられている通り、中国でのブロックチェーン業界の給料は急上昇し、多くの主要都市の事務員の平均給料の約2.5倍の初任給を提供している役職もある。

 ブロックチェーン開発経験者は中国の一流企業で月7000ドルまで稼げるが、多くの企業は募集している職に就くことができる才能ある人を見つけるのに苦戦している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/more-blockchain-graduates-needed-to-meet-china-s-burgeoning-7333.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて