米国議員が「中央集権型貨幣は良い結果をもたらしたことがない」と述べる

77883196_s.jpg

 米国のトム・エマー議員は中央集権型貨幣システムは「どこで試されようとも、一度も良い結果をもたらさなかった」と述べ、多くの暗号資産(仮想通貨)支持者の注目を集めた。

 3日に公開された、モーガン・クリーク・デジタルの共同創業者であるアンソニー・ポンプリアーノ氏がホストを務めるポッドキャスト番組でのインタビューにおいて、米ミネソタ州選出の共和党議員であるエマー氏は貨幣に対する中央集権的な管理が有する危険性について繰り返し警告を行った。エマー氏は特に中国政府が同国で人気のモバイルウォレットを管理する方法や、同氏が「誰かが」管理者になる必要があるという事実を除けば「素晴らしいコンセプト」であると考えているフェイスブックのリブラ・プロジェクトを例に挙げた。

 さらに、有名なオーストリア人経済学者であるフリードリヒ・ハイエク氏の有名な著作「奴隷への道」を引用し、エマー氏はどんな中央集権型貨幣システムでも、誰かが貨幣の分配方法を定める必要があると述べた。

 「もしあなたが分配方法を定めるグループに属していれば、もしくはその当事者であれば、そのシステムは非常に上手く働く。しかし、時が経過して、もしあなたがそのようなグループに属していなく、貨幣の分配方法を定める者でなければ、行きつく先は一つだ。そして、それはどこで試されようとも、一度も良い結果をもたらさなかった」とエマー氏は述べた。

 米国の貨幣システムの現状について、ブロックチェーン議員連盟として知られる党派を超えた、暗号資産に友好的な議員団のメンバーであるエマー氏は、政府は新型コロナウイルス危機に関連して「あまりにも多くの資金を費やしてきた」と考えていると述べた。エマー氏は様々な州にまだ経済に注入されていない「1兆ドルが使われずに存在していること」を指摘した。

 さらに、インタビューの中でポンプリアーノ氏は、最近起きたツイッターのハッキング事件についてエマー氏が「ビットコインではなく、中央集権型管理が問題だ」とツイートしていたことについて尋ねた。

 「問題を起こしたのはビットコインではなくツイッターだ」と再び述べる一方で、エマー氏は残念なことに多くの議員はそのことを理解していないとも述べた。

 しかし、エマー氏は「従来の法定通貨が生き残ること、有形の交換手段を決して完全に排除しないことを願っている」とも述べた。

 エマー氏は「ビットコインとブロックチェーンは消えない。これらはより重要になり続け、より発展することになる」と最後に述べ、インタビューを締めくくった。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/centralized-money-has-never-been-good-us-congressman-7329.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて