BudaのCEO、暗号資産交換所は規制に従う必要あると

Chile_51871280_s.jpg

 チリの大手暗号資産(仮想通貨)交換所であるBudaのトップが暗号資産交換所は急いで政府の規制に従う必要があり、そうしなければ人々から完全に忘れ去られると共に、さらなる損害を暗号資産産業全体に与えてしまうと述べた。

 ポッドキャスト「Criptonoticias」でのインタビューにおいて、Budaの創業者兼CEO(最高経営責任者)であるギレルモ・トレアルバ氏は暗号資産交換所は規制に関する問題について、もし必要であれば顧客のプライバシーの保護を断念してまでも政府に従うべきであると警告した。

 そうしない場合、結果は悲惨であり、「暗号資産に多くの損失を与える」だろうとトレアルバ氏は述べた。

 規制に従わない企業は閉鎖する可能性があり、その運営者は逮捕されるかもしれないとも述べた。

 Budaはアルゼンチン、コロンビア、ペルーでも活動をしている。

 トレアルバ氏は以下のように警告した。

 「暗号資産は危機に瀕している。なぜなら、もしチリ(政府)が大手暗号資産企業は反体制的で非協力的であると結論付ければ、政府は最終的に反暗号資産政策を採用する可能性があるからだ。」

 トレアルバ氏はBudaは顧客のプライバシーを可能な限り保護するが、資金洗浄や詐欺に関する捜査のために情報を提供してほしいという政府からの要請に従ってきたと述べた。

 そして、トレアルバ氏は規制を迂回できると考えている暗号資産交換所は金融業界におけるビジネスの現実を無視していると述べた。すべての産業は顧客データに関するものも含めて政府の規制に従う必要があり、暗号資産業界は自分たちは例外であると考えるべきではないと述べた。

 法律上、暗号資産企業は「特別」であると見なされておらず、規制を免除されてもいないとトレアルバ氏は付け加えた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/buda-ceo-exchanges-must-comply-or-risk-damaging-the-crypto-i-7283.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて