<今日の仮想通貨市況>XRPが大幅高、リップル社が地域別イベントを開始

109526844_s.jpg

 30日午前9時15分現在のビットコイン(BTC)は1BTC=116万円前後(過去24時間比0.8%高)、イーサリアム(ETH)が1ETH=3万3400円前後(同0.1%高)、XRP(XRP)が1XRP=25円前後(同3.4%高)などとなっている。

 米中関係の悪化やFRB(米連邦準備制度理事会)によるゼロ金利政策の長期化でドルを中心とした法定通貨に不安が高まるなか、ビットコインはジリ高で推移。また、XRPを開発・管理するリップル社が29日に北米で地域別カンファレンスを開催。毎年秋に開催している大型カンファレンス「SWELL(20年11月14-15日)」につながるとの期待もあって、XRPが思惑買いにより大幅高となっている。

 XRPの地域別カンファレンスは、8月13日にMENA(中東・北アフリカ地域)、同26日にAPAC(アジア太平洋地域)、9月2日にLATAM(ラテンアメリカ地域)、同16日に欧州でも開催される見通し。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて