ビッサム、6700万ドルの課税通知を巡る訴訟で勝利を確信

korea_91609370_s.jpg

 司法と業界の当局者によれば、韓国市場をリードする暗号資産(仮想通貨)取引所のビッサムは、同国の税務当局との法廷闘争で6700万ドルを勝ち取るかもしれない。

 デジタル・タイムズによれば、アナリストたちはビッサムが19年12月同社に送達された課税通知書に対する戦いで優位に立っていると考えている。当時、韓国の税務当局は海外顧客が同プラットフォームを課税逃れのために利用しており、その取引によって6700万ドルの税負担が発生したと算出していた。これは顧客ではなく、ビッサムに支払い義務がある。

 20年1月に、ビッサムは税務当局に対する訴訟を提起し、この通知書には「根拠がない」とした。

 そして半年後、メディアの報道によればビッサムは通知書を撤回させることに成功する可能性があるようだ。

 ビッサムはこの前例のない課税通知書の法的正当性に関する調査報告を公表し、税務署の請求した額を支払う必要がないという「十分な確証」が得られたと結論づけた。

 しかしながら、同じメディアは税法関係の裁判が通常90日以内に結審することを考えると、ビッサムの裁判で裁判所の決定は「大きく遅れている」とも報じている。

 いずれにせよ、業界の意見はビッサムが税金を支払う羽目にはならないだろうということで一致しているようだ。専門家は韓国の暗号資産税法がまだ韓国国会で採決されていないことを指摘した。国会は現在会期外だ。約2100ドルを超える暗号資産取引収入に対する20%の課税を導入する提案が諮られているが、この法案は少なくとも21年10月までは交付されない。

 匿名の暗号資産取引所幹部は、税務署がその後同様の課税通知書を他の取引所に送達しなかったという事実が、ビッサムがこの訴訟に勝つことがほぼ確実であるという明白な証拠だと述べている。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/bithumb-confident-of-victory-in-disputed-usd-67m-tax-bill-ca-7241.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて