漫画が読者にBCの基本を説明する

91744358_s.jpg

 BC(ブロックチェーン)、暗号資産(仮想通貨)、漫画の関係は日本で深まり続けており、あるソフトウェア企業がBC、暗号資産、分散台帳技術の複雑な部分を全て説明した漫画を公開した。

 「マンガでわかるブロックチェーンのトリセツ」というタイトルのこの漫画はソフトウェアおよびコンピューターネットワーク会社であるアステリアによるものであり、価格は約12ドルとなっている。

 この漫画の作者はアステリアのBCに関する研究開発部門のトップである。プレスリリースによれば、この漫画は初心者を対象にしており、読者にBC技術の最も基本的な部分を紹介し、暗号資産に関する章も含んでいるが、漫画であることから可愛い猫の絵も多く登場する。

 東京に拠点を置き、旅行者に関する作品を扱ったことがあり、また猫と自転車(たまに自転車に乗る猫も)を作品の中で描くマンガ家である佐倉イサミ氏がこの作品のイラストを担当した。

 アステリアによれば、同社は初めてBCを学習する人がその基本事項を難しい用語に惑わされることなく理解できるように、技術的な専門用語を減らす努力を行った。

 また、アステリアは今回の作品はBCについて「読者が可能な限り柔軟に思考できるように」、金融部門外でのBCの利用も説明していると述べる。

 アステリアが今回の作品を発表する以前には、タイムトラベラーが登場するBCによる社会革命についての漫画作品、ビットコイン(BTC)の起源に関するフィクション漫画、そして漫画およびアニメを利用したBCと暗号資産を説明する数多くの作品が発表されていた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/manga-book-promises-to-teach-readers-about-basics-of-blockch-6994.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて