<今日の仮想通貨市況>BTC一時100万円回復も感染懸念で軟化

92219149_s.jpg
 3日午前10時25分現在の主要暗号資産(仮想通貨)は、ビットコイン(BTC)が1BTC=98万1006円(過去24時間比1.03%安)、イーサリアム(ETH)が1ETH=2万4434円(同1.65%安)、テザー(USDT)が1USDT=107.8円(同0.17%高)、XRP(XRP)が1XRP=19.0円(同0.39%安)などとなっている。

 2日のBTCは、堅調な米6月雇用統計を受け米株高となったのを背景に、一時100万円台に乗せる場面もあったが、その後、米フロリダ州の新型コロナ感染の入院者数が過去最高となったことなどが嫌気され米株式が下げ幅を縮めると、BTCも軟化した。

 2日は、日銀がCBDC(中央銀行が発行するデジタル通貨)の実証実験を行う方針を明らかにしたことに注目が集まった。このほか、1000億円相当のビットコイン(10万1857BTC)が暗号資産取引所「ビットスタンプ」に送金され、送金手数料の削減により約51円相当(0.00005271BTC)で済んだことなども話題となっている。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて