<今日の仮想通貨市況>良好な米経済指標受け、BTC一時100万円台に

82768624_s.jpg
 2日午前10時20分現在の主要暗号資産(仮想通貨)は、ビットコイン(BTC)が1BTC=99万1234円(過去24時間比0.38%高)、イーサリアム(ETH)が1ETH=2万4845円(同1.76%高)、テザー(USDT)が1USDT=107.6円(同0.80%安)、XRP(XRP)が1XRP=19.0円(同0.37%高)などとなっている。

 1日のBTCは小動きだったが、米製薬大手ファイザーが新型コロナウイルスのワクチン開発において良好な治験データが得られたと報じられたことや、米6月ISM製造業景況指数が市場予想を大きく上回ったことを受け米経済回復期待が高まると、BTCは一時100万円を回復する場面があった。

 このほか、米投資ファンド「ニューヨーク・デジタル・インベストメント・グループ(NYDIG)」が新規のビットコインファンドを運用するために1億9000万ドル(約204億円)を調達していたことがSEC(米証券取引委員会)提出の書類で明らかとなり、話題となっている。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて