USDC、イーサリアムとの単独提携を終了、アルゴランドと提携

114454704_s.jpg

 ステーブルコインUSDコイン(USDC)の運営者はイーサリアム(ETH)ブロックチェーンネットワークとの関係を終わらせ、アルゴランド(ALGO)に移行、他のブロックチェーンネットワークへと拡大していく予定だ。

 USDCはセンター社が運営しており、コインベースとサークルの共同事業である。センターは6月24日にETHとの排他的な関係に終止符を打ち、代わりに複数のブロックチェーンの支援モデルを追求するとブログに掲載した。

 ステーブルコイン競合相手テザー(USDT)のように、トークンはドルに対して1対1。ブログの著者はALGOへの移行はETH以外のブロックチェーンネットワークへの移行の第一歩であると述べた。

 同著者は、

 「基盤の相互運用性を提供しながら、センター社のプロトコルに構築されたステーブルコインを複数のブロックチェーンエコシステムで利用可能にすることで、USDC周辺に構築されたデジタル貨幣の幅広い採択と利用を可能にする」

 センター社はALGOは「大量の決済や金融応用を最大限に利用できる強力な特徴と能力を証明しているブロックチェーンプロジェクト」と呼び、ALGOの選択を正当化した。

 サークルはALGOでUSDCを保有している利用者がコインをETHブロックチェーンでERC−20 USDCトークンに交換できる手段を提供する予定だ。

 そして著者は、センターは「私たちの新たな複数のブロックチェーンフレームワークの実施や融合に興味を示しているプロジェクト」について話を聞きたがっていると記し、他のブロックチェーンネットワーク運営者への公開応募で締めくくった。

 5月、ALGOは来たるデジタル貨幣の展開計画にマーシャル諸島政府と一緒に取り組んでいると公表した。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/usdc-ends-ethereum-exclusivity-begins-algorand-partnership-6942.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて