暗号資産センチメントがさらに悪化、ETHはポジティブ外に

135926446_s.jpg

 暗号資産(仮想通貨)市場のセンチメント(市場心理)指数であるセントスコアは今回もう一歩、ポジティブゾーンからさらに大きく離れ、4以上5以下の範囲にまで戻ってきた。暗号資産市場のセンチメント分析ツールを提供するオーメニックスが示しているように、上位10の暗号資産についてセントスコアの7日移動平均を総合した数字は、先週記録した5.48から悪化して22日には4.97を記録した。

 15日の24時間で見られた状況が示唆していたように、先週のマイナス基調は過去7日間も同様に続き、プラスゾーンに戻った暗号資産は1つもなかった。大まかに言って、個々の悪化はそれ以上に顕著だった。さらに、イーサリアム(ETH)はポジティブゾーン(スコア6以上)外となり、その境界である10点満点中5.9にまで下落した。ビットコイン(BTC)だけがポジティブ範囲に留まったが、それでもやはり6.5から6.1へと下落している。残りの暗号資産の多くは5以上5.6以下の範囲から脱落しているものの、ネガティブゾーン(スコア4未満)に入った暗号資産はなかった。

 上位10の暗号資産について、過去24時間だけで見てみると状況は改善されているように見える。7つの暗号資産はプラスであり、ETHはBTCと同じポジティブゾーンに戻っている。しかしながら、ネガティブゾーンに入った暗号資産も1つある。スコア3.8のビットコインキャッシュ(BCH)がそれだ。全体として、これらの暗号資産の24時間平均セントスコアを総合した数値は4.97となる。興味深いことに、これは7日間セントスコアと同じで、15日の24時間セントスコアである4.86を上回っている。

 いつもどおりなら、下落幅が最も小さかった2つの暗号資産が今回の勝者となる。それはカルダノ(ADA)とテザー(USDT)だ。ADAはニュースの6.9、テクニカルの6.3、バズの5.9で高スコアをとりつつ、それらに続きソーシャルで4.8、ファンダメンタルで4.4をとった。一方、USDTの最高スコアはポジティブとなったニュースの7.5で、これにニュートラルとなったバズの5.4、ソーシャルの5.2が続いた。最低スコアはネガティブとなったファンダメンタルの3.5とテクニカルの3だった。

 僅差の争いとなったが、過去7日間の下落幅が最も大きかった暗号資産はイオス(EOS)、テゾス(XTZ)、BCHとなった。EOSはニュースで7.4、バズとソーシャルではどちらも4.2を獲得したが、ファンダメンタルとテクニカルは更に低く、それぞれ3.1と2.4を記録した。XTZの最高スコアも同じくニュースの6.4で、これにソーシャルの5.1、バズの4.2が続いた。またXTZはテクニカルで3.7、ファンダメンタルで2.7をとった。最後に、BCHは過去1週間で最も堅固だった分野のニュースでは5.8、ソーシャルでは5.6をとったが、残りのスコアはネガティブだった。バズは3.4、ファンダメンタルは2.6、テクニカルは2.5だった。

 一方で、上位10の他にオーメニックスが評価している暗号資産も同じくマイナスであり、セントスコアが上昇したのは39のうち僅か4つだけだった。前と同じくネガティブゾーンに入った暗号資産はなく、多くは5以上のスコアをとり、2つはポジティブの範囲に入った。顔ぶれは先週と同じだが、評価値はやや下落している。ナノ(NANO)とヴィチェーン(VET)がその2つで、スコアはどちらも10点満点中6.3だった。

 ●調査手法

 オーメニックスは独自のアルゴリズムに基づき、ニュース、ソーシャルメディア、テクニカル分析、拡散されたトレンド、仮想通貨のファンダメンタルの4つを集計したセントスコアによって市場のセンチメントを計測している。

 同社は自社のウェブサイトで「オーメニックスはトレンドになったニュース記事と、ソーシャルメディアで拡散された投稿をオールインワンのデータプラットフォームに集約しています。そこでコンテンツのセンチメントが分析できるのです」と説明している。後の文章では「オーメニックスはニュースとソーシャルメディアに基づく2種のセンチメント指標と、テクニカル分析、仮想通貨のファンダメンタル、バズによる追加の縦軸3種を組み合わせて、各仮想通貨の大まかな見通しを知らせる値であるセントスコアを生成しています」と付け加えられている。現在、同社は39の仮想通貨を評価している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/crypto-market-sentiment-drops-further-ethereum-out-of-positi-6910.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて