<今日の仮想通貨市況>イーサリアム経済圏の需要高まり、ETH買われる

89693142_s.jpg
 23日午前10時15分現在の主要暗号資産(仮想通貨)は、ビットコイン(BTC)が1BTC=102万9558円(過去24時間比3.27%高)、イーサリアム(ETH)が1ETH=2万5905円(同5.65%高)、テザー(USDT)が1USDT=106.8円(同0.06%安)、XRP(XRP)が1XRP=20.2円(同1.38%高)などとなっており、ETHの買いが目立つ。

 22日、イーサリアムベースの分散型金融(DeFi)プラットフォーム「コンパウンド」でイオス(EOS)などERC20トークン(イーサリアムが定義するトークン)の需要が増加。イーサリアム・チェーン上で発行されたその他トークンを含むウォレット数が過去最高に達し、イーサリアムを基盤とした経済圏の需要が高まっていることがETHの買い材料となっているようだ。

 このほか、決済大手ペイパルおよび傘下のベンモが、暗号資産売買のサービスをユーザーに直接提供する可能性があると報じられたことなどが話題となっている。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて