テンセントが広告、資金管理などに関するBC特許を申請

Tencent115646428_s.jpg

 新たな報道によれば、中国の大手企業であるテンセントは新たに一連のBC(ブロックチェーン)に関する特許の登録を行ったようであり、これはテンセントが新たなBC関係の事業をローンチすることを示している可能性がある。

 (EGSEA上における)セキュリティズ・タイムズの報道によれば、ITサービスおよびエンターテイメントを中心的に扱う企業であるテンセントは様々な分野で不特定多数のBCに関する特許を申請した。

 上述の報道によれば、これらの特許にはBCを利用した広告および広告管理サービス、資金管理および「消費者向け」アプリケーション、BC技術を用いたハードウェアデバイス、BCネットワークを利用できるストレージサービスなどが含まれる。

 テンセントは世界中で最も多くのBCに関する特許を保有していると考えられている。セキュリティ・タイムズで広く引用されている統計によれば、19年だけでテンセントは世界中で申請された約5800件のBCに関する特許のうち、718件を申請したと考えられている。

 テンセントが今まさにBCを広く商業化していこうとする寸前にあるという兆候は存在している。

 20年にテンセントはBC企業のためのアクセラレーターをローンチし、すでに有望なスタートアップの勧誘を開始している。また5月には、テンセントはBCも含めたインダストリー4.0技術に700億ドルもの金額を費やすことを約束した。

 19年にテンセントはデジタル通貨部門をローンチしており、中国人民銀行と共同でデジタル人民元の開発にも関わっていると広く考えられている。

 多くの中国および海外のアナリストはデジタル人民元がアリババのアリペイに加えて、テンセントのウィーチャットペイ・プラットフォームとも相互利用が可能になると考えている。この2つのプラットフォームは中国の決済市場の約15%をすでに占めている。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/tencent-registers-advertising-fund-management-blockchain-pat-6882.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて