ビットコイン取引手数料、報酬半減期前の水準に戻る

118725471_s.jpg

 1カ月以内にビットコイン(BTC)ネットワークの取引手数料が最高額に達したあと、マイナーに支払われるトランザクション手数料は、5月の3度目の報酬半減期よりはるか前の4月に見られた水準に戻っている。

 6月14日、 BTC取引手数料中央値は0.205ドルで、5月20日より95%安かった。

 その結果、5月20日マイナーが手数料で190万ドルを集めたのに比べ、昨日6月14日、マイナーは15万4000ドルだった。しかし、採掘難易度が高まるにつれて、再度打撃を受けるだろう収益は、6月16日には14%以上昇すると予想されている。
 
 BTCネットワークの取引手数料の変化は、ネットワークの混雑具合による。多くのBTC所有者が取引所からコインを移動させ、市場が変動するときに、手数料が高くなることがよくある。

 つまり、BTCネットワークに確認されるのを待っているすべての有効な取引があるメモリプールも、多くの安い手数料が認証され、片付き始めているようだ。

 現在(午後12:51協定世界時)、 BTCは9126ドルで取引され、24時間で3%、1週間で6%下落した。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/btc-transaction-fees-drop-to-pre-halving-level-6837.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて