米国防総省が想定する権力崩壊シナリオ、ビットコイン利用した無政府状態描く

47131223_s.jpg

 米国防総省は、野心的な無政府主義者へ資金を渡す目的で、ビットコイン(BTC)とハッキング技術を利用するZ世代により権力の崩壊が起こるというシミュレーションのシナリオを想定していた。

 米メディアのインターセプトによると、国防総省長官がZ世代(90年代中盤から10年代序盤に生まれた人々)による米ワシントンの権力機関への反乱を想定し、米国の準備態勢を調査することに決定したと国防総省の文書に記載がある。

 インターセプトは文書を情報公開請求により入手した。そこには、18年に想定されたと考えられる陸海戦略特別プログラム、2018 Joint Landと呼ばれる国防総省によるシミュレーションが示されている。

 シミュレーションでは、現代テクノロジーを活用するZ世代の過激派が、企業、金融機関、「支配者層」を支持する非営利組織から資金を吸い上げることを目的とした「高度なマルウェア」を利用した複数のサイバー攻撃を起こす。

 これらの資金は後に入手ルートから切り離され、ビットコインに変えられる。まさにロビン・フッドのように攻撃者は得たトークンを所有し続けることはなく、その代わりに彼らの信念に従う「適切な受益者」に資金を分配する。

 Z世代による反乱は広範囲に及ぶ活動の一部であり、かなり想像力にかけた名前ではあるが、その活動はZbillionと呼ばれる。

 Zbillionは25年米国での抗議運動として始まったが、20年代終盤までにはその影響はヨーロッパ、またケニア、ベトナム、ヨルダンを含むアフリカ、アジア、中東の都市に及んだ。

 Zbillionの過激派は、サイバー襲撃は「収入格差と戦い」、「無政府状態を求める動きを広めるサイバー世界」を利用する、一種の「民間による課税」であると主張する。

 報道によると、文書の著者は下記のように記した。

 「Z世代は技術的能力を有しているものの、実際にはオンライン上での交流ではなく対面での直接的な接触を好む。彼らは自身を実質的で物理的なコミュニティに参加する者、また異常な大量消費を拒否する者と表現している」。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/pentagon-doomsday-scenario-involved-bitcoin-powered-anarchy-6822.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて