<今日の仮想通貨市況>FOMC受け、BTC買い戻し強まる

103579644_s.jpg
 11日午前10時30分現在の主要暗号資産(仮想通貨)は、ビットコイン(BTC)が1BTC=105万9621円(過去24時間比0.50%高)、イーサリアム(ETH)が1ETH=2万6628円(同1.10%高)、テザー(USDT)が1USDT=107.3円(同0.48%安)、XRP(XRP)が1XRP=21.7円(同0.12%安)など、まちまちとなっている。

 10日のFOMC(米連邦公開市場委員会)で22年末までゼロ金利政策を維持するとのFRB(米連邦準備制度理事会)見解が示されたことなどを受け、景気支援策が継続される安心感から緩和マネーの一部が暗号資産市場にも流入。106万円近辺で上値の重たかったBTCは106万円上抜けに何度か成功している。

 このほか、ニューヨーク証券取引所をグループに擁するICE(米インターコンチネンタル取引所)傘下「バックト」と米暗号資産投資会社「ギャラクシー・デジタル」がBTCの取引から保管までのサービスを機関投資家向けに提供するため、パートナーシップを締結したと発表したことなどが話題となった。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて