中国人民銀行の元副総裁、BTCは「もっとも商業的に成功したBC」と述べる

china_85261242_s.jpg

 中国人民銀行(中央銀行)の元副総裁がビットコイン(BTC)について発言し、ビットコインはこれまででもっとも商業的に成功したBC(ブロックチェーン)技術の応用であるとともに重要な弱点を有していると主張した。

 新浪によれば、2000年から08年まで中国人民銀行の副総裁を務め、現在は清華大学のPBCスクール・オブ・ファイナンスで学部長を務めるWu Xiaoling氏は中国共産党によって新たに出版されるデジタル通貨およびBCに関する書籍の序文を書き、その中でビットコイン・ネットワークほどの商業的成功を収めたBCプロジェクトは他にないと主張した。

 しかし、Wu氏はビットコインは現実的に公的部門に応用することが難しいためビットコインが「民間通貨の世界」に限定されている事実についても考えを述べた。Wu氏はビットコインは国家によって法定通貨の代わりに利用される可能性は低く、価格の変動性がビットコインの致命的な弱点であると主張した。

 Wu氏はほとんどの国の規制当局はビットコインを通貨として認識することを拒んでおりその代わりにビットコインを事実上のデジタル資産として扱っていると述べ、自身のビットコインに関する評価を締めくくった。

 また、Wu氏は中国人民銀行が現在独自のデジタル人民元トークンを実験していることもあり、中国では注目の話題であるデジタル通貨についても意見を述べた。

 Wu氏はデジタル通貨はもし成功したいのであれば、既存の投資およびファイナンスに関する枠組みに根付く必要があり、システムを「倒す」のではなくそれに従う必要があると主張した。

 Wu氏は将来においてデジタル通貨はほとんどの中国市民の日常の重要な一部になり、それは政策担当者および経済学者がデジタル通貨とその機能を客観的にしっかりと理解する必要があることを意味すると主張した。

 Wu氏によるこれらの発言は、中国人民銀行、そしてその元および現在の幹部がビットコインに関する全てのことに口を閉ざしていた中国では間違いなくいくらかの驚きを与えるだろう。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/ex-chinese-central-bank-executive-talks-of-bitcoin-s-commerc-6748.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて