BTC1万ドル割れ、過去24時間の利益を10分で失う

112534317_s.jpg

 ビットコイン(BTC)は約半日の間1BTC=1万ドル以上の価格を保った後、この重要な抵抗線を再び下回り、10分間のうちに過去24時間の利益すべてを失った。

 記事執筆時点(協定世界時15時7分)でBTCは9557ドルで取引されており、1日での価格変動はなかった。それでも1週間で見ると8%、1カ月で見ると14%値上がりしている。

 トップ10に入る他の暗号資産(仮想通貨)は1%から3%下落しているが、1日で見ると合計時価総額にも変化はない(2720億ドル)。

 2日に別の記事で報じた通り、BTCが1万ドルの抵抗線を越えた後、BTCのチャートは上の価格帯への到達に繰り返し失敗してきた末に、大規模なブレイクアウトの可能性を示すサインを見せていた。だが、この直近のブレイクアウトも失敗したように見える。

 暗号資産のアナリストたちは価格下落を促した原因を探しているが、2日の早い時間に、サンティメント社の暗号資産研究者は人々に「警戒」を続け、BTCの日毎アクティブアドレス、取引量、「上下するソーシャルメディアでの注目」などの数値を監視することで「向こう一週間の間にモメンタムがどちらに動くか」を見極めるように警告していた。

 「いまは(出遅れへの恐怖の)影響が現れているのか、それとも利益を追求する投資家が1万ドル未満での買いを再び期待して結局安全な選択肢を取るのかを見極めることが重要になるだろう」

 また、大手暗号資産デリバティブ交換所のBitMEXでは、今回の下落によって大量の「利食い売り」が発生し、1時間のうちに2億6900万ドルの利食い売りが行われた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/bitcoin-drops-below-usd-10k-erases-24-hour-gains-in-minutes-6716.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて