<今日の仮想通貨市況>中国で暗号資産を相続財産と認める民法典成立でBTC一段高

86172633_s_China.jpg
 29日午前9時45分現在の主要暗号資産(仮想通貨)は、ビットコイン(BTC)が1BTC=102万8624円(過去24時間比3.85%高)、イーサリアム(ETH)が1ETH=2万4133円(同7.15%高)、XRP(XRP)が1XRP=21.8円(同2.12%高)、テザー(USDT)が1USDT=108.0円(同0.37%安)などとなっている。

 28日閉幕した中国の全人代(全国人民代表大会)で、相続や婚姻、財産、私人の権利、契約、権利侵害など市民権保護に関わる条項を盛り込んだ同国初の「民法典」が可決・成立した。これを受け中国人民大学教授のリーシン・ヤン(Lixin Yang)教授が「インターネット上の財産と暗号資産は相続対象になる」との見解を示したことが好感され、BTCは24日以来の100万円台に再浮上した。

 このほか、「クリプトママ」の愛称で知られるヘスター・ピアースSEC(米証券取引委員会)コミッショナーがビットコインETF(上場投資信託)承認について、「ビットコインETFを規制当局が承認することによって、ビットコインの価格決定プロセスをより公平なものにできる」との見解を示したことが話題となっている。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて