セルシウスのCEO、貯蓄家にビットコインよりゴールドの所有を促す

38339610_s.jpg

 ビットコイン<BTC>と金(ゴールド)両方とも現在の「インフレ」から大きく利益を得るだろう、と主要な仮想通貨企業の最高責任者は予想している。一方で、BTCよりも金を所有すべきだと信じていると認めている。

 仮想通貨金融業者セルシウスネットワークのCEO(最高経営責任者)であるアレックス・マシンスキー氏は、キトコニュースとの最近のインタビューで、金融市場での新型コロナウイルスに対する混乱に引き続き、前例のない紙幣印刷を不安に思っている貯蓄家へアドバイスをした。

 マシンスキー氏によると、中央銀行、特にFRB(米連邦準備制度理事会)が危機に引き続き、紙幣印刷に関してしたことには「余波」が伴う。

 「3、4兆ドルを印刷して何も起こらないなんてことはない」とマシンスキー氏は言う。米国の報告された消費者物価指数は「インフレを含めていない」と付け加えた。結果、今「私たちから隠されていた凄まじいインフレ」である。貯蓄家がすべきことを明かす前に、彼は次のように述べた。

「コロナウイルスの前、もし誰かに金を5%、BTCを1%所有するように言うと、頭がおかしいと思われただろう。今、コロナウイルス後、3600万人が非雇用の中、私なら金を25%、BTCを5%所有するように言うだろう。」

 ベンチャー・キャピタルの投資家でもあるマシンスキー氏は彼の視点で、「金は価値の10倍で評価されるが、BTCは100倍で評価されるかもしれない」と付け加えた。マシンスキー氏による現在の状況の解決策は、「より多くの金と、より多くのBTC」を所有することだ。

 セルシウスは仮想通貨と金両方の投資に関するサービスを提供している。

 その間、有名なヘッジファンドのマネージャーで中央銀行の批評家クリスピン・オデイ氏は、支持者たちが信じているほど、金でさえ安全ではないと警告した。

 ヘッジファンド、オデイ・ヨーロピアンを管理するオデイ氏によると、政府は「もし世界貿易のために安定した計算単位を作り出す必要があると感じたら」、個人的な金の所有を禁止するところまでいくかもしれない。

 「人が今金を買っていることは驚くことではない。しかし、当局は個人での金の所有を非合法にし、ある時点で金の通用を廃止しようとするかもしれない。」とオデイ氏が投資家への個人的な手紙で述べているのをブルームバーグは引用した。その間、オデイ氏は金への投資を増やしている。6月下旬の金の保有率はヘッジファンドの純資産総額の39.9%であり、3月下旬での15.9%から上昇している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/crypto-ceo-urges-savers-to-own-more-gold-than-bitcoin-6612.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて