中国中央銀行、さらなるBC導入求む

98564051_s.jpg

 中国中央銀行のテクノロジー指導者は、銀行のオペレーションと拡大する政府所有の金融機関にブロックチェーン(BC)をさらに導入するよう求めている。

 中国メディアSinaによると、中国人民銀行の20年第1回金融テクノロジー委員会が5月3週目に開催され、人民銀の範一飛副総裁が人民銀役員や中央銀行関連金融企業の代表によって構成された聴衆に対して演説を行った。

 範氏は以前、国内外の業界責任者に向けてブロックチェーンやフィンテックの重要性について発言し、政府のフィンテック発展政策(19年―21年)の目標を達成するためには、ブロックチェーンの他、第4次産業革命の技術導入を急ぐべきだと語った。それにより経済の「デジタル化を加速させる」ことにつながるという。

 範氏と他の幹部らは人民銀と関連企業、さらには国有の金融機関も、ブロックチェーン技術やビッグデータ、人工知能、クラウドテクノロジーの「導入強化」と「積極的な利用」を行うことが必要であると述べた。

そうすることで、人民銀や国内金融機関が「金融リスク技術的防止性能」を強化することを可能とする他、新興のフィンテック業界に対し改良と能率化がなされた統一的な規制管理環境を与えることにもなる。

 人民銀本部はブロックチェーン技術の導入と第4次産業革命による技術の導入によって、「作業の再開」をする取り組みに役立つだろうと述べた。その取り組みとは、新型コロナウイルス感染爆発後の経済の軌道修正を行う国家計画と関連するものと考えられる。

 フィンテック発展政策は19年8月に発表されたもので、市場間フィンテックオペレーションに標準化とリスク管理を導入することを重要視している。

 人民銀は5月、近く登場するデジタル人民元に向けて一連の導入実験を開始し、4つの国有銀行が実在する様々な試験用アプリに関与している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/chinese-central-bank-calls-for-yet-more-blockchain-adoption-6536.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて