<今日の仮想通貨市況>ビットコイン、半減期到来

BitcoinHalving129086331_s.jpg
 12日午前10時現在の主要仮想通貨は、ビットコイン<BTC>が1BTC=92万4729円(過去24時間比1.16%安)、イーサリアム<ETH>が1ETH=2万9円(同1.79%安)、XRP<XRP>が1XRP=20.8円(同2.70%安)など売り優勢となっている。

 日本時間12日4時23分、ビットコインが半減期に実行されるブロックが63万に到達。4年ぶり、3度目となる半減期が到来した。今回の半減期によりマイニング報酬は1ブロック=12.5BTCから6.25BTCに半減する。次回半減期は2024年の予定となる。

 ビットコインの新規供給量が減り需給が引き締まるとの見方から希少性が高まったことや、著名な資産家でグローバルマクロヘッジファンド「チューダー・インベストメント」の創設者であるポール・チューダー・ジョーンズ氏がインフレリスクのヘッジ手段としてビットコイン先物取引を検討している旨を明らかにしたことなどを受け、5月7-10日にかけては100万円超の高値水準を付けていたが、半減期当日(12日)が近づくにつれて利益確定売りやポジション調整の動きが出た。

 半減期を通過し目先のBTC価格は上値が重くなっているが、市場の一部では「半減期の効果は今後数週間から数カ月のマイニングの状況、市場参加者のすそ野の広がりなどによって価格形成がなされる。ハイパーインフレに苦しむ国ではBTC取引の禁止か蓄財化を図るかもしれない」との見方がある。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて