犯罪者がプライバシーコインより匿名性の低いビットコインを好む理由

110886453_s.jpg

 最近ではプライバシーコインは非難の的になっており、ジーキャッシュ<ZEC>、モネロ<XMR>などの多くの主要な匿名通貨はテロリスト、麻薬売人、資金洗浄者によって好まれて使用されているとして規制当局者から非難を受けている。

 多くのこれらのトークンは日本や最近では韓国など、いくつかの地域では主要なプラットフォームから除外されている。しかし、新たに公開されたレポート(プライバシーコインの運営者が資金援助を行った)は犯罪者はそこまでプライバシーコインを好んでいないことを示している。

 このレポートはジーキャッシュを運営するエレクトリック・コイン・カンパニーによる出資を受け、公表物は必ずしも研究の顧客と出資者の意見を反映していないと主張する非営利団体であるランド・ヨーロッパによって行われた。いずれにせよ、このレポートは犯罪者がジーキャッシュをどのように使用しているか(というよりは、どのように使用していないか)について多くの主張を行っている。

 このレポートの著者は非常に少数の犯罪者だけがジーキャッシュの利用に興味を示していると主張している。

 著者によれば、犯罪者がジーキャッシュを避ける1つの理由は彼らにはビットコイン<BTC>の方が好まれているということである。

 著者によれば、ジーキャッシュによる多額の取引は目立つため、匿名性のためには多くの人が利用しているビットコイン・ネットワークの方が安全であると犯罪者は考えている。

 著者は以下のように述べている。

 「BC(ブロックチェーン)上の売買量の大きさによってビットコインによる資金洗浄を目立たないようにすることができる一方、ジーキャッシュのBC上での1つの大きな取引は全体の取引量が少ないためにより目立つだろう(シールドされておらず透明性の高い取引のみに当てはまる)」

 また、著者は普通の犯罪者は単純にジーキャッシュを理解できるほど賢くなく、その結果ほとんどの犯罪者がジーキャッシュを避けているとも主張している。

 著者は以下のように述べている。

 「ジーキャッシュの違法行為もしくは犯罪目的での利用は、それを利用する側がその根底にある技術を理解していないこともあり、限られている」

 著者によれば、この事実は「利用者はジーキャッシュでシールドされた取引を行うために必要なことを理解しておらず、すべてのジーキャッシュ取引が匿名であると思っている」ことを示したインタビューから得られた証拠によって裏付けられている。

 同じくらい驚きを与える主張は、犯罪者はジーキャッシュがあまりにも多くのコンプライアンス機能を備えていることを心配しており、ジーキャッシュの「ブランド」を恐れているというものである。

 著者によれば、プライバシーコインはすべて同じレベルの匿名性を確保していると犯罪者によって見なされているかもしれないが、ジーキャッシュの管理、そして対資金洗浄および対テロ資金供与の規制に従っているという同コインのブランドによって、違法行為もしくは犯罪目的でのジーキャッシュの利用は少なくなっているかもしれない。

 犯罪者がジーキャッシュを避けるもう1つの理由は、もしかしたら犯罪者はジーキャッシュの匿名性が評判通りであると信じていないということであり、著者は「ジーキャッシュが実際のところどれくらい匿名なのか、そして将来においてその匿名性に弱点が見つかるかについていくらかの疑念が存在している」と述べている。

 「識別名として偽名だけを利用して国際的な決済を行え、衝突の可能性が比較的低いこと」がビットコインが犯罪者にとって特に好まれているもう1つの理由であると著者は述べている。

 このレポートは、上述のすべてがダークウェブ上で仮想通貨決済に言及している投稿の1%のみがジーキャッシュに言及しており、またダークウェブに関連しているウォレットの0.15%のみがジーキャッシュの口座であるという事実を説明していると結論付けている。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/this-is-why-criminals-prefer-bitcoin-to-privacy-coins-6491.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて