イーサリアム上昇のため、NFTに資金費やす傾向

132519930_s.jpg

・ビデオゲーム業界では、都市封鎖の間ダウンロードと利用者数が増加している。
・NFT(非代替トークン)ゲーム部門はそれほど大きくなく、その利用者はかなり貴重だ。

 新型コロナウイルスによる都市封鎖はNFT市場にとっては手助けになるかもしれないが、この市場を主流にするためには、業界関係者はより良い商品を提供することが求められる。

 NFT市場が近年減速し現在の購入者は選別的になっているが、NFTゲームはいつか立て直し主流となる時がくると当ニュースが取材した5人の専門家は考えている。

 「私はNFTゲーム部門がいつの日か主流になると考える。」と透明性の高いゲーム企業とOpenSeaのようなマーケットプレイスの後を追うイーサリアム<ETH>を基としたコレクティブルインディーカードゲーム、Flowrpаtchの創始者であるアンドレイ・エデル氏は言う。使いやすさはかなり重要であるため、使用性の問題が解決すれば実現するだろう。デジタル資産は実質価値を有し、実際にその価値を所有しているということにゲーマーは気づくはずだ。

 アニモカ・ブランドの共同創始者であり会長でもあるヤ・シウ氏は香港に本社を置くモバイルゲームの配信者であるが、彼もまた「ブロックチェーンとNFTは未だ導入の早期段階であるが、我々はそれらがゲームとデジタルコレクティブの未来となると信じている。」と述べた。特にITrueのようなデジタル所有権によって、ゲーマーが利用するゲームの中に存在する資産を実際に所有しそこから利益を得ることができるようになる。「幅広く導入されれば、プレーヤーにデジタル資産の保有を認めず、ライセンスを用いてデジタル資産に制限を設けることが従来の運営方法であるこの業界にとって大きな革命となるだろう。」

 主要仮想通貨市場データプロバイダCoinGeckoの共同創始者であるボディ・オング氏は、NFT市場はやや減速気味だが、再び人気を集める日が来るだろうと語る。19年、彼の企業はNFT部門に進出しようとしていたが、CoinGeckoはDeFi(分散型金融)により重点を置いているため、4月26日現在この戦略は保留にされている。「我々のチームが力をつければ今後NFTを再検討するかもしれない。」とオング氏は言う。

 また、クリプトキティやアクシーインフィニティ、デセントラランド(MANA)やゴッズ・アンチェインドが活発的にプロジェクトを進め利用者を獲得している一方、背後で進められているプロジェクトがある。

●都市封鎖の副作用

 ゲームやエンターテイメント業界では、その業界全般にわたり指標が上昇しているとブロックチェーン企業でクリプトキティを考案したダッパー・ラボのCEO(最高経営責任者)であるローアン・ガレゴスロウ氏は言う。彼は「デジタルエンターテイメントは過去に類を見ないほど需要を高めている。」と加えた。Flowrpаtchのエデル氏も賛同し、エンターテイメントとゲーム業界は新型コロナウイルス流行により自宅にいる人々によって利益を得ているようであると語る。しかし彼は今や購入者が選別的になっていると考えている。イーサリアムの価値が低下すれば、現行のユーザー層の手元にある資金は減少し、それによって結果的に資産の価値に影響を与えることになるとイーサリアムブロックチェーンを使ったゲーム(Dаpp<分散型アプリケーション>)アクシーインフィニティのCOO(最高執行責任者)のアレクサンダー・ラーセン氏は言う。彼はまた、人々はイーサリアムやその他資産がいつか上昇すると信じているため、NFTにより少ないお金を費やす傾向があると言う。

 シウ氏とラーセン氏の両者はビデオゲーム業界が都市封鎖の期間でダウンロード数と利用数を伸ばしていると指摘している。シウ氏はゲームへの関心が一新されたことを考えれば、NFTベースのゲームはおそらく都市封鎖後にいくらかは増加するとみている。一方ラーセン氏はブロックチェーン企業が現状この発展機会に投資すると考えていない。「単純に商品がそれほど良品ではないのだ。」と彼は言う。彼はアクシーインフィニティが世界発売前のテスト段階にいる彼らの新カードゲームとともに進化することを望んでいる。

 この状況下においてエデル氏は「我々は業界の集団の中で目立たなければいけない。」と主張する。この目標に向かいFlowerpаtchは「根本的透明性」を追求することを決意した。しかしまた他のイーサリアムゲームとの関係と贈呈品としてのNFTを減らすことにも注目し、マーケティング課題の解決を試みている。「NFTのゲーム市場はそれほど大きくなく、利用者はかなり貴重である。」と彼は言い、NFTの減少を関連付けた新たなプロモーションを発表している。

●コレクティブルゲームへの需要

 ラーセン氏はアクシーインフィニティは「しばしば投資家と接触しているが、この新型コロナウイルスによる状況が落ち着いた後この市場はかなり落ち込むことが想像できる。」と加える。しかしNFTは一般的に仮想通貨市場と比較されることが多いのだが、コレクティブルゲーム、アクシーの値段は上昇している。

 アニモカ・ブランドのシウ氏が言うには、NFTベースのゲームのパフォーマンスに関しては、企業には3月プラスの影響があったという。The Sаndboxは彼らの分散型のソーシャルマルチプレイヤーゲームのプラットフォームであるが、第3回プレリリースイベントを催行し、5時間で12384個のランド(LANT)NFTを販売し、3400ETH(約657000ドル)以上の利益を生んだ。一方、彼らのブロックチェーンゲームであるF1ⓇDeltа Timeは初回販売を完了し、利用可能な部数の94%以上にもなる2375箱を売り切り、36万4000ドル以上の利益を生んだことで、DаppRаdаrとDаpp.comの両方で24時間、7日、30日内取引高でブロックチェーンゲームのトップに立った。

 仮想通貨とブロックチェーン業界にあるその他多くの企業のように、NFT業界関係者は皆在宅勤務を行いながらこの感染症流行がもたらす変化に順応している。重要な課題は誰もが初めて経験する状況だ。ガレゴスロウ氏はダッパー・ラボには協力的なパートナーと投資家がおり、商品の利用数に減少が見られないと明かした。また、企業は社員が生産性を追求しながら自宅で勤務する準備を技術的に進めていたため、幸運にも動揺は起こっていないと加えた。

 アニモカ・ブランドでもまた、安全措置が多くなされることから始まった多少の運営速度の減少があった。シウ氏はほとんどの対面する会議や営業イベント(会議や展示会のような)が延期や中止となっていると言う。CoinGeckoのオング氏は、仮想通貨会議は「分散型産業にとって最も重要な要素の一つであるため、これは当業界にとって最大の問題となりうる。すべての業界関係者がビジネスチャンスについて議論を交わす場所だ。」と話している。ラーセン氏も賛同している。「我々はイベントのために移動し、ビジネスパートナーと面会することができないので、近年のイベントが企業に影響を与えてきた。」と彼は加える。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/exclusives/nft-devs-build-while-users-follow-ethereum-price-wait-for-be-6368.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて