中国ソブリンデジタル通貨の試験始める

107741312_s.jpg

 中国中央銀行と政府によって発展したデジタル通貨は注視すべきものとなるだろう。最初のテストランが進行中のようだ。

 しばらくの間うわさされていたが、中国のデジタル通貨がようやく現実となった。

 ソブリン通貨の試験計画は現在進行中である。

 中国農業銀行から流出したスクリーンショットが、実際の試験が始まったことを確定させた。

 試験は本質的に限定的であるが、興味深いものを描いている。
 
 現在、目標が2020年5月に通貨の使用事例を提供することだ。

 ひとつの使用事例は公的機関従業員の交通費助成金として半分を支払うことだ。

 また、ある銀行と関係のある共産党員は会費をソブリンデジタル通貨で支払えるかもしれない。

 これら選択肢すべてに注目しておく価値がある。

 中国は独自のデジタル通貨を発行する初の主要な国である。

 このニュースすべてフェイスブックのリブラ(Libra)の下落に続いた。
 
 予備として数多くのステーブルコインを発行する計画はいい前兆ではないだろう。

 予備は中華人民元を含まない。したがって中国がデジタル通貨を一緒に発行するのは理にかなっている。

(イメージ写真提供:123RF)

https://nulltx.com/china-begins-trials-for-its-sovereign-digital-currency/

This story originally appeared on NULLTX.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて