<今日の仮想通貨市況>NY原油先物、初のマイナスに警戒感広がる

98404620_s.jpg
 21日午前10時20分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン<BTC>が1BTC=74万4462円(過去24時間比4.37%安)、イーサリアム<ETH>が1ETH=1万8715円(同5.20%安)、XRP<XRP>が1XRP=19.9円(同4.98%安)などほぼ全面安商状となっている。

 新型コロナウイルスの感染拡大で世界的に経済活動が制限されている中、20日のニューヨーク原油先物市場でWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物価格(5月物)が史上初のマイナス(買い手不在で売り手が原油貯蔵コストを担う現象)となった。リスクオフムードの急速な強まりは仮想通貨市場にも波及し、ビットコインは16日以来の1BTC=7000ドル(約75万3400円)割れとなった。

 このほか、イーサリアム関連のネットワーク開発大手「コンセンシス」が新型コロナウイルス感染拡大の影響から従業員の14%を解雇したことなどが伝わっている。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて