BTCは09年よりも世界不況に強い、IMFの見通しが示す

117098579_s.jpg

 IMF(国際通貨基金)は14日、世界経済は20年に3%縮小した後で21年に5.8%回復するとの予測を発表し、「これまでに類を見ない危機だ」と強調した。

 過去60年間、世界経済が縮小したのは一度しかない。09年、ビットコイン<BTC>の歴史が始まったとき、世界のGDPは1.73%減少した。

 14日にIMFが発表した最新の世界経済見通しでは、今回、アメリカやユーロ圏などの先進国経済が最も大きく落ち込む可能性があり、一方で新興市場や発展途上国経済は被害が少なく持ち直しもより早いだろう、とされている。

 仮想通貨交換所ルノの共同創業者兼CEOであるマーカス・スワンポール氏は最近、大規模な世界不況の場合には、ホドラーと呼ばれる長期保有者でさえ生き残るためBTCを売却することを余儀なくされるかもしれないと警告した。

 現時点(協定世界時13時48分)で、BTCは1BTC=6903ドルで取引されており、1日で3%上昇、1週間の損失を7%以下に抑えた。新型コロナウイルスの感染流行が収まっていく可能性を示す兆候から株価も上昇した。一方、欧州の指導者たちは閉鎖措置から抜け出す手順を考え込んでいた。

 IMF経済顧問兼調査局長のギータ・ゴピナート氏は、報告書の中でこう述べた。「この報告書の中で示した世界経済の見通しには、パンデミックの経過と、ウイルスの拡大を遅らせ、生命を守り、医療システムが対応できるようにするために必要な公衆衛生対策について、私たちが現在理解していることが反映されている。」

 彼女によれば、21年にはトレンド成長率を上回る部分的回復が予測されているが、予想されるGDP水準はウイルス前のトレンド以下に留まり、反転の力強さにはかなりの不確実性が存在する。

 「これを遥かに下回る成長結果もありえ、その可能性はむしろ高いとさえ言える」とゴピナート氏は付け加えた。

 この危機は2つのフェーズで対処する必要があるだろうとIMFは述べている。

 ・封じ込めと安定化のフェーズ

 ・回復フェーズ

 一方でゴピナート氏は、大規模なインフォーマルセクターを抱える新興市場と発展途上国経済では、新しいデジタル技術を使用することで的を絞ったサポートを提供できるかもしれないとも述べた。クリプトニュースが報じたとおり、CBDC(中央銀行発行デジタル通貨)は貨幣制度をより迅速で効率的なものに変えることが出来る。

 ●ビットコインは出口を見つけられるか

 イギリスに拠点を置く投資プラットフォーム、インタラクティブ・インベスターの仮想通貨アナリストであるゲイリー・マクファーレン氏は、経済のV字回復という希望を、IMFの見通し、より直接的にはコロナウイルスの経過と一致させるのは難しいと述べている。

 「ワクチンがない限り、需要を考える範囲では、消費者の行動は悪化するだろう。したがって、この弱気市場は始まったばかりである可能性があり、その予想はBTCにとって悪いニュースだ」と彼はクリプトニュースでこう述べ、さらにパンデミックの新たな波もあり得るということを指摘した。

 しかし、彼によれば、新しい「仮想通貨のキラーアプリ」として登場するフェイスブックのリブラやCBDCのローンチが、「最も苦しい経済の中で、他のすべての代替手段が信頼性や、おそらく最も重要な可搬性を失うときに、価値の貯蔵手段として」使われる可能性もあるBTCを助けるかもしれない。

 ボラティリティは大きいものの、特定の経済シナリオで法定通貨のオプションが狭まっていくことから、代替ブリッジ通貨の最後の砦としてBTCはまだ短期的なユースケースを見つけることができるだろう。

 「また、投資家が急増する債務の山と将来の持続可能性について案じていることから、先進国経済にも同じことが当てはまる」とマクファーレン氏は述べた。

 ロサンゼルスとロンドンに拠点を置くデジタル資産投資管理会社のウェーブ・フィナンシャル・グループのディレクターであるトム・ランバルディ氏もまた、「通貨の供給が増加する一方で生産レベルが結果として変わらない(むしろ20年には低下する可能性が高い)なか、金やビットコインなどの供給に制約のあるハードアセットのドルに対する価値はおそらく上昇するだろう」と強調した。

 ロンバルディ氏はクリプトニュースにこう語った。
「IMFの報告書は『安全への逃避が金価格を支えてきた』と述べている。BTCは無料の保管費、ほぼ無料の輸送費、市民的自由へ政治が過剰に介入する時代での政府の干渉からの解放、といったより効率的な特性を持つEゴールドだ」

 彼はまた、広く公表されている世界でのドル不足(国々の債務はドル建て)が原因となって、ドルにはパンデミック危機とは無関係の短期的な圧迫があり、このことがドルの価格を押し下げているとも述べた。

 「13年以降これが発生している。この長期的変化が弱まった場合、投資家は70年代後半以降見られなかったインフレ期待を予想すべきだ」とロンバルディ氏は述べた。

 一方、ケネティック・キャピタルの共同創業者兼マネージング・パートナーであるジャン・チュウ氏は「機関投資家が低調な市場、最初から失敗したIPO(新規公開株)、食べ放題の量的緩和といったものに希望が持てないでいるなか、BTCが利用可能な代替資産としての地位を固める」ことを予想していると語った。

 彼は「BTCが5月の半減期につながるモメンタムを得て、年末までには史上最高水準に近い額まで回復することを期待する」とクリプトニュースに述べた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/bitcoin-to-face-stronger-global-recession-than-in-2009-imf-f-6293.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて