<今日の仮想通貨市況>IMFが世界経済成長率3%減見通しを発表

12093267_m_IMF.jpg
 15日午前10時5分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン<BTC>が1BTC=73万3135円(過去24時間比0.57%安)、イーサリアム<ETH>が1ETH=1万6812円(同0.06%安)、XRP<XRP>が1XRP=19.8円(同2.08%安)などやや売り優勢となっている。

 14日、IMF(国際通貨基金)が20年の世界経済成長率について、新型コロナウイルスの感染拡大の影響でマイナス3%まで落ち込むとの見通しを発表。これを受けてリスク回避目的の米長期国債買いなどが入った。こうした中、主要仮想通貨はやや軟調な展開となっている。

 このほか、G20(主要20カ国・地域)の調整役であるFSB(金融安定理事会)が、フェイスブックが主導する「リブラ」など世界的な利用が想定されるグローバルステーブルコインの具体的な規制案を公表したことが話題となっている。7月15日までを開示期間として意見を公募し、集約意見を考慮した上で10月に最終的な勧告を公表する予定としている。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて