フォビコリア、打倒ビックスリーを目標に新たな投資家探し

105772314_s.jpg

 フォビコリアは韓国で権威を高めるためシリーズBの投資パートナーを呼び込もうとしている。

 iNews24によると、フォビコリアの取引プラットフォームは、ビックスリーと称される国内仮想通貨取引所(ビッサム、アップビット、コインワン)の支配打破を試みる初の国外挑戦者として名乗りを上げている。フォビコリアは4月14日時点、近年可決された法律の下、VASP(暗号資産サービスプロバイダー)として登録するために必要なISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)とセキュリティ認可の取得準備を行っている。

 しかし同社は、シリーズBの呼びかけは本質的には資金調達のためではなく、同社の取引商品の発展と多様化を促進し、既存のサービスの質を高めるための戦略的なパートナーを探すためであると述べている。

 報道ではフォビコリアCEO(最高経営責任者)であるチョ・グクボン氏の発言が伝えられた。

「(シリーズBの投資について)これにより、韓国の取引所としてのフォビコリアの位置づけのさらなる強化と、韓国のブロックチェーン産業の中で質的、量的に成長するための事業範囲の運営が可能になる」。

 フォビは18年3月に韓国取引所を設立した後、それは国内初のISO27001(ISMS認証)情報保護認定を獲得したプラットフォームとなった。

 しかし、順調な投資の増加をもってしても、国内の仮想通貨市場におけるビックスリーの権威を崩すことに苦戦し続けている。

 フォビコリアの24時間取引高は1670万ドルに達している(協定世界時9時24分時点)。これはコルビットの取引量のほぼ6倍だが、コインワンの取引量の約50%しかない。ビッサムとアップビットの過去24時間取引高は9000万ドルに達している。

 ●フォビコリア取引高

 4月14日時点ではビッサム、アップビット、コルビット、コインワンのみが主要市中銀行での銀行取引実名制を整備している。21年春に施行される新たな法律下では、すべてのVASPが銀行の実名制を順守しなければいけないようになる。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/huobi-korea-searches-for-new-investors-as-it-aims-at-the-big-6287.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて