刑務所からのビットコイン予報:ロス・ウルブリヒトは買い予想

66153579_s.jpg

 ビットコイン<BTC>が買い相場で挨拶する前に、売り相場で深いお辞儀をするだろう、36歳プログラマー、BTCアーリーアダプター、そして闇市サイトシルク・ロードの創設者であるロス・ウルブリヒトは予想している。

 ウルブリヒトは現在いくつかの有罪判決のもと、マネーロンダリングとコンピュータハッキングのため2386日を刑務所で過ごしている。

 そして今、獄中から予報を流している、主にツイッターでフォロワーの間に否定的な反応を促している。

 過去の周期を見て、ウルブリヒトは世界一のコインが現在の価値から50万ドルまで、コインが重要な価値に登り詰める前までの価格への下落を予測している。BTCは1日で2%、週で5%の下落後、現在(11:39世界協定時)取引高6740である。

 エリオット波動と呼ばれる技術分析方法を使用し、市場の動向が予測可能な波動かにより、BTCはいくつかの波動とともに2つの周期を経過している、とウルブリヒトは論じている:第1に、2011年から2017年まで続いたBTC が200万ドルに到達した買い相場、一方現在私たちは第2の波動、売り相場を目撃している。

 ここで重要なことは、ウルブリヒトによると、BTC は現在2014年と同じ位置にいる。そして実際、同じシナリオで進んでいる。おそらく30万ドル以下まで下落するだろう。しばらく、2020年6月から7月、もしくは2021年まで下落状態でとどまるだろう。「第2波動の程度と期間を見積もることは難しく不正確だろう。第1波動は0ドルで始まったから、下落の幅には限界はない(0ドルまでの下落もあり得る)。そして、どれだけの時間がかかるかにも限度はない」とウルブリヒトは書いている。

 「32万ドル以下への下落はこの予測の確固たる証明になるだろう」とウルブリヒトは論じ、「その段階で、最終下落がいつかを判断しようとするだろう」しかし、価格が140万ドル近くまで上昇すれば、予測の再評価が必要になるだろう。「だが、現段階でそれはありそうにないシナリオだ」と彼は結論づけた。

 しかし、よいニュースは BTCの暴落は BTCを買うよい機会であると彼は言う。さらに、短期的な下落に続き、長期的な価格上昇がやってくる。「そのような状況で買うのは勇気がいるが、第3波動が価格を新たな高みへ導くとき、報酬には素晴らしい価値がある。」

 ウルブリヒトはまた、この波動の終わりは、「第1波動の終わりに付随した極度な楽観と匹敵するほどの、BTCに対しての極度な悲観と反感とともにやってくる」と付け加えた。

 その間、コメンテーターの大半はこの分析に同意していないようだ。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/bitcoin-forecast-from-prison-prepare-to-buy-crash-incoming-6282.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて