<今日の仮想通貨市況>底堅い、OPECプラス減産合意で持ち直す

46636697_s.jpg
 13日午前11時25分現在のビットコイン<BTC>は1BTC=72万5800円前後(過去24時間比1.9%安)、イーサリアム<ETH>が1ETH=1万6700円前後(同2.3%安)、XRP<XRP>が1XRP=20円前後(同2.5%安)などとなっている。

 主要な仮想通貨は10日の昼ごろから値を崩したが、11日未明には下げ止まった。その後、XRPは底堅く推移し、11日のうちに半値戻しの水準まで回復。ビットコインやイーサリアムは動意が乏しかったものの、12日夜から戻りを試し、13日未明には半値戻しを達成した。聖金曜日を前にした調整が上値を抑えたが、12日の「OPEC(石油輸出国機構)プラス」が原油の協調減産で最終合意したことが好感され、買い戻しが入った。

 新型コロナウイルスに関連しては、仮想通貨マイニング能力を転用し、大学の新型コロナの治療法の開発に協力する動きがある一方、海外を中心に個人の行動や企業活動が制限される中、米国ではマイニングが「必要不可欠な事業」とみなされていないとして、今後は運営面で何かしらの制限を受ける恐れがあるとの見方がある。中国でも2月初旬にマイニング企業が機械の修理やハードウエアの運用を行うスタッフの制約を受けるなど同様の動きがあった。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて