リップルを用いた低コスト即時決済により、コインワン・トランスファーが韓国で移民から信頼を得る

116489365_s.jpg

 330億ドルの韓国送金市場は国内銀行に長年支配されていた。17年に規制が改められたことで銀行以外の企業が送金市場に参入できるようになると、コインワン・トランスファーは、リップルとSBIホールディングスの合弁会社SBIリップルアジアと提携して、韓国初となるBC(ブロックチェーン)ベースの送金サービス、クロスを開発した。クロスによって誰もが費用対効果に優れたリアルタイム国際決済にアクサスできるようになるが、顧客の信頼を勝ち取ることは容易ではなかった。

 「人々は海外にお金を送るために銀行へ行くことに慣れていました」と、コインワン・トランスファーのビジネス・デベロップメント・マネージャー、カミール・チョン氏は説明した。「私たちは銀行ではないので、顧客の信頼を得るために大変な努力を払わなければなりませんでした。リップルを活用した私たちのサービス独自の利点と、革新的なマーケティングが人々をひきつけました。顧客体験に優れていた私たちのサービスを人々は繰り返し利用し、現在私たちの顧客維持率は80%を超えています」

 コインワン・トランスファーの主なターゲット顧客は、韓国に在住し本国の家族へ送金する必要がある外国人労働者だ。銀行が送金市場を独占していた頃、これらの移民には遅いうえに高く付く既存の手続きを使う以外の選択肢がなかった。

 「外国人労働者にとって国際送金は困難でした」とチョン氏は振り返った。「彼らは送金を申し込むために銀行支店に行かなければなりませんでした。これは農村部で生活し働いている人々にとっては特に不便でした。決済が完了し本国の家族に届くまで最大7日間かかることもあり、その費用も非常に高額でした。典型的な移民がそうしているように、比較的少ない額を送金する場合は特にそうでした」

 ●リップルネットの信頼できるパートナーシップにより決済を改善

 18年、コインワン・トランスファーは国際送金の問題を解決するためにSBIリップルアジアとの提携を開始した。リップルネット上の国際金融機関と決済サービスのネットワークによって、コインワン・トランスファーは地域の様々なパートナーと容易に一体化することができた。

 チョン氏はこう語った。「リップルネットがタイやフィリピンやスリランカの金融機関と私たちをつないでくれたので、私たちは人気の高いこれらの送金経路を速やかに開くことができました。これにより、統合と運用のコストが低く抑えられ、通常1%に満たない手数料のおかげで顧客は利益を得ました。リップルネットへの接続は、送金をリアルタイムで決済することをも可能にしました。これは、従来あった銀行の数日かかる手続きを大幅に改善するものです。さらに、クロスは手軽なアプリです。顧客は携帯電話からお金を送るだけで済みます」

 低コストかつリアルタイムで手軽な決済アプリを用意したコインワン・トランスファーが次にすべきことは、顧客が本国に送金するための一般的な手続きを変更し、銀行以外のサービスを信頼してくれるよう顧客を説得することだった。コインワン・トランスファーを韓国の既存金融機関とは大きく異なるものとして位置づける、革新的なマーケティングキャンペーンを行うことによって同社は新たな機会を活かした。

 「私たちは3人の送金ヒーローがアニメキャラクターとして登場するマーケティングキャンペーンを作成しました」とチョン氏は説明した。「これは他のどの金融サービスとも似ていませんが、人々は気に入り、ユーザーフレンドリーな私たちのアプリを利用するようになりました。手軽かつ低コストでリアルタイムの国際送金がもたらす利益によって、人々は繰り返しこれを利用しました。移民労働者は定期的に本国へ送金しており、同時に私たちの顧客維持率は80%を超えているため、私たちはビジネスで多くのリピーターを得ています。18年にクロスをローンチして以来、取引額は毎月平均で50%の増加を続けています」

 ●SBIリップルアジアのさらなる支援が新たな成長を推進

 素晴らしいマーケティング、優れた顧客体験、革新的なサービスが組み合わさって、コインワン・トランスファーは韓国で強固なブランドを確立することができた。現在、同社はこの強みを活かして、新たなタイプの顧客をターゲットとしている。これはつまり、新たな送金経路を開くためにより多くのリップルネットのパートナーと接続するということだ。

 チョン氏はこうまとめた。「子供が海外に留学していて、授業料や生活費を送金する必要がある韓国人の親に私たちは目を向けています。クロスを利用することで、親たちはアメリカ、イギリス、香港、シンガポールなどの国へ低コストでリアルタイムの送金を行えるようになります。私たちは新たな送金経路を開発するため、リップルネットを介してこれらの国の金融機関とつながり始めています。この新たな顧客層がコインワン・トランスファーでの決済を信頼し、素晴らしい経験により彼らがこれを利用し続ければ、私たちのビジネスはより力強く成長することでしょう」

(イメージ写真提供:123RF)

https://ripple.com/insights/how-coinone-transfer-earned-the-trust-of-migrants-in-korea-with-low-cost-real-time-payments-powered-by-ripple/

This story originally appeared on Ripple Insights.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて