XRP、堅調推移で暴落前の水準に戻る

105771750_s.jpg

 米カリフォルニアに本拠地を置くファインテック企業リップルと提携した暗号資産XRP<XRP>は3月の2日間で50%近くまで暴落した後、切り返してきた。

  過去4週間に渡るXRPの価格上昇は3月12日の主要な仮想通貨市場暴落前のレベルに戻ってきた。0.2ドル近くで重要な50日移動平均線より少し上回る水準だ。

 記事投稿時、 XRPは取引高1XRP=0.196ドルで24時間ほぼ変わることはなかった。同時刻、ビットコイン<BTC>は1%下落、イーサリアム<ETH>は0.4%下落した。

 週間で見ると、XRPは過去7日間で12%近く上昇、同期間のBTCの約9%上昇を上回った。

 しかし、ほぼすべての主要な暗号資産が2ケタ上昇、最大で24%という好調なパフォーマンスだった結果、XRPは過去7日間に渡り、BTCと並び反発が弱い仮想通貨となった。

 8日、リップルとステラ<XLM>の共同設立者ジェド・マケーレブ氏は6370万XRP(1250万ドル)をウォレットへ送金した。ホエール・アラートのツイッターアカウントによれば、取引はすでに公になっているリップルとマケーレブ氏の間の和解に関する取引の一部であるようだ。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/steady-price-rise-brings-xrp-back-to-almost-pre-crash-levels-6259.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて