分散型仮想通貨取引所Bisq、25万ドル相当のビットコイン・モネロが不正流出

52910215_s.jpg

●Bisq、25万ドル分仮想通貨流出
匿名で取引できるDEX取引所Bisq(開発側)は8日、重大なセキュリティ上の脆弱性を発見、一時的に取引を無効化すると発表したが、その後25万ドル分の仮想通貨がハッキングによって盗まれたと報告した。

発表によると、ハッカーはソフトウェアの脆弱性を利用し、3BTC(約2.2万ドル)および4000モネロ(約23万ドル)を盗み出した。被害者は7名になるという。

Bisqはあくまで取引を仲介で行なっているため、中央集権式取引所と異なり取引停止はできないが、安全の面で、ユーザーに対して取引をブロックするアラーキー機能を解除しないように促している。

また、アプリケーションのv1.3.0をリリースするまで現行の全取引が完了できない措置をとっている。今後、調査の進捗次第より詳しい情報を公開すると宣言した。

参考:Bisq

(イメージ写真提供:123RF)

https://coinpost.jp/?p=143972

CoinPostに掲載された記事を、許可を得て転載しています。

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて