韓国ブロックチェーン企業の落胆、政府の税金支援計画から除外

korea_94498394_s.jpg

 韓国で、新型コロナウイルスによる財政余波への対応支援のため、国内でも最も被害の大きかった地域にある中小企業(SMEs)への支援計画から除外されるという報道に、ブロックチェーン企業は「非常にがっかりしている」と述べた。
 
 報道によると、政府は国内東部のキョンサン北道の中小ベンチャー企業の収入を検討し、法人税を60%まで削減する税金緊急支援対策を発表した。しかしながら、ブロックチェーン関連企業は当てはまらない。

 ブロックチェーンコンサルタントのミラ・キムはCryptonews.comにこう言った、

 「政府は韓国の将来の成長を促す第4次産業革命について話しているが、その分野であるブロックチェーン企業はこの困難な時期に支援をもらえないことに深く落胆していると述べている。彼らを除外するのは不公平に思われる。」

 中小ベンチャー企業部の計画は中規模企業と分類される企業が30%まで、小企業に分類される企業が60%の税金を免除される。

 中小ベンチャー企業部はまた家賃の支払いに苦しんでいる適応内の企業への支援も提供すると言っている。

 後述の地域はキョンサン北道である。3月、文在寅大統領は韓国で3番目に大きな都市テグとキョンサン北道全土は現在「特別災害地域」に分類されていると宣言した。

 しかしながら、キョンサン北道は韓国で最大のブロックチェーン地域のひとつである。道政府は先導している工科大学、オーブスのような主要な国際的ブロックチェーンプレイヤーとブロックチェーン契約を結んでいる。

 キョンサン北道のクミは地元のステーブルコインを採用した韓国で最初の大都市のひとつである、道は現在ポハンのポスコテクノパークに新たに大がかりなブロックチェーンビジネスの中枢を建設中である。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/dismayed-blockchain-startups-excluded-from-s-korean-tax-sup-6244.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて