ビットコインとアルトコイン、安定した上昇続く見込み

95601637_l.jpg

・ビットコイン<BTC>価格は急上昇し、1BTC=7250ドルの抵抗帯を上抜いた。
・イーサリアム<ETH>は15%以上上昇し1ETH=175ドル、XRP<XRP>は4月7日時点、1XRP=0.200ドル以上で取引されている。
・ヴェチェーン<VET>、ディジテックスフューチャー<DGTX>、デジバイト<DGB>、マティックネットワーク<MATIC>、チェーンリンク<LINK>、ディジックスダオ<DGD>を含むアルトコインの多くは15%以上の上昇を見せた。

 過去数回のセッションでは、ビットコインは急上昇を見せ、1BTC=7000ドルの抵抗帯以上に急騰した。1BTC=7250ドルの抵抗帯を超えた後、4月7日8時30分UTC(世界協定時)時点、上昇傾向を保ちながら取引されている。次は7550ドル、7650ドル、7800ドル付近がメドとなる。
 また、イーサリアムやXRP、ライトコイン<LTC>、ビットコインキャッシュ<BCH>、バイナンスコイン<BCB>、イオス<EOS>、トロン<TRX>、カルダノ<ADA>、ステラルーメン<XLM>を含むその他主要アルトコインのほとんどは8%以上反発。イーサリアムは良好なパフォーマンスを示し、1ETH=160ドルから170ドル水準以上に跳ね上がった。XRPは1XRP=0.188ドルから0.200ドルの水準を超えた。

 ●合計時価総額

 ●ビットコイン

 1BTC=7000ドル超えで終値を付けた後、ビットコイン価格は強気傾向に入った。1BTC=7120ドルから7250ドルの抵抗帯を超え上昇した。価格は5%以上上昇し、次のセッションでは7550ドルの抵抗帯に達すると見込まれる。次は7650ドル水準が目安となる。下落した場合は、前回の7120ドル付近がサポートになりそうだ。主なサポートは4月7日時点、7000ドル水準付近であり、この水準で強気に移る見込みだ。

 ●イーサリアム

 イーサリアムは良い兆候を示しており、最近になって20%近く上昇した。1ETH=160ドル付近の抵抗帯を超え、4月7日時点170ドル以上で取引が行われている。直近の抵抗帯は175ドル付近で、今後価格は184ドルから185ドルまで上昇する見込み。
 下方向については、主なサポート値は168ドル付近で、この値以下では162ドルから169ドルのサポート値水準まで修正される見込みである。

 ●ビットコインキャッシュ、ライトコイン、XRP

 ビットコインキャッシュ価格は8%以上上昇しており、1BCH=240ドルの抵抗帯に達した。4月7日時点1BCH=250ドル以上で安定して取引されており、さらに上昇が続く見込みである。次のフシは265ドル近くであり、その後の強気相場によって280ドル水準にまで上昇する見込みだ。
 ライトコインは12%近く上昇し、1LTC=42.50ドルから45.50ドルの抵抗帯を上抜けした。4月7日時点で1LTC=46.00ドル以上で取引が行われており、価格は48.50ドルのレジスタンス領域まで達する見込みである。さらなる上昇があれば、50.00ドルにまで達する可能性がある。
 XRPは1XRP=0.188ドルのレジスタンス領域を上抜けすると、強気傾向に移った。1XRP=0.200ドルのレジスタンス領域の関門を超え、価格はさらに上昇を続けると思われる。上振れで次の関門となるレジスタンス値は0.212ドル水準付近だ。

 ●4月7日のその他アルトコイン市場

 過去3回のセッションでは、ヴェチェーン、ディジテックスフューチャー、デジバイト、マティックネットワーク、チェーンリンク、ディジックスダオ、テゾス<XTZ>、イオス、クアント<QNT>、シンセティクスネットワーク<SNX>、オミセゴー<OMG>、アイオタ<MIOTA>、ステラルーメン、カルダノを含む多くのアルトコインは10%以上も上昇している。この中でもヴェチェーンは18%以上回復し、ディジテックフューチャーは16%近く上昇している。

 全体的にみると、ビットコインは上昇局面に戻り、1BTC=7250ドル水準以上で推移している。ビットコインが1BTC=7350ドル以上で強気相場が活発化したまま安定すれば、7550ドルのフシに達する可能性がありそうだ。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/bitcoin-and-altcoins-look-poised-for-continued-gains-6229.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて