ビットコイン半減期は優秀なマイナーにとって幸運か

110012816_s.jpg

 ビットコイン<BTC>の半減期はBTCの報酬が半減することを忘れてはならない。過去に2回の半減期に直面したが、3度目が約1カ月後に行われる。半減期の今年、ほとんどの投資家は価格が上昇することを期待していた。最近の価格暴落は投資家だけでなく BTC採掘者も不安を募らせている。

 ジェネシス・マイニングの最高責任者であるマルコ・ストレングは、クリプト・カンバセーション・ポッドキャストの最新のエピソードで、来る半減期が採掘者コミュニティに与えるだろう影響について詳しく述べている。起こるであろう半減期は「採掘を真剣に考えている人」にとって「予想していなかった出来事」ではないと強調した。最近の仮想通貨の暴落、新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な流行による不確実性と半減期のような出来事についてのコメントでは、ストレング曰く、

 「来る半減期は採掘市場を一掃するだろう。より強化され、明らかに、採掘者に刺激を与え革新させ効率性を高めさせるだろう。」

  BTC採掘は「緊迫した消耗戦」ということに同意するか聞かれたところ、ストレングは BTC採掘エコシステムにおける本質的な競争力を指摘した。

 「採掘の世界では、機械を製造するとすぐさま発送する、時間の問題なんだ。それをネットワークに送り採掘させる、でも最終的に慣れることがないからいらいらさせられるんだ。」

 来る半減期の影響を分析したビットメックスの報告によると、起こりうるシナリオのひとつとして半減期のあとネットワークの採掘速度29%まで落ちるかもしれないと予想している。強調したのは、

 「取引手数料の影響を除いて、採掘者への影響は BTC価格の50%急落と同じようなものだろう。BTC価格の50%急落は採掘業界の規模が50%小さくなると考える人もいるだろう。業界収入に関しては正しいだろう、半減期のあと、他はすべて同じになる、採掘業界の収入は約50%減るだろう。したがって業界にとって非常に厳しい時期となる。」

 約1カ月で、半減期後その価値に疑問が上がるようにBTCの採掘速度は127Eから109Eに落ちた。ストレングはそういったシナリオでは「先を行く」ことが採掘者にとって必要となると強調した、また効率的な採掘者は半減期を利用できるだろうと付け加えた。

 「採掘者は赤字に陥るだろう、非営利の運営になるだろう、そういう人たちはやめていく、そして彼らがやめたとき採掘速度が落ち、難易度が下がるんだ。そして市場に残った者が、高い市場占有率を手に入れ下落した価格の埋め合わせができるんだ。」

(イメージ写真提供:123RF)

https://eng.ambcrypto.com/bitcoins-block-reward-halving-may-be-a-blessing-in-disguise-for-efficient-miners/

This story originally appeared on AMB CRYPTO.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて