中国SFエクスプレス、配達合理化にブロックチェーン技術の活用検討

SFexpress_127150657_s.jpg

 新型コロナウイルスの感染が拡大する間、医療備品はより重要な商品となってきた。中国の物流企業SFエクスプレス(順豊エクスプレス)は配達過程の合理化のためにブロックチェーンに注目を向けている。

 ブロックチェーン技術の応用の可能性はたくさんある。

 明らかな理由から、最大限の分散型台帳を開くには時間がかかる。

 SFエクスプレスはブロックチェーン技術を活用する方法を探している。

 現在のベンチャー企業は新型コロナウイルス危機の間、医療備品を輸送するのに分散型台帳技術(DLT)を使用することに焦点を置いているようだ。

 それも興味深いが、企業がそれに関してどこまで進めているのかは誰も知らない。

 技術の実験は世界規模で何かを商業化することとは全く違う。

 SFエクスプレスは人工知能とビッグデータにも注目しているようだ。

 この3つの主要な技術を組み合わせることで多くの隠れた可能性を開くことができるだろう、とはいえ十分な研究と開発を要するが。

 まるでSFエクスプレスはブロックチェーンに興味を示している地元政府のためこのベンチャーに着手しているかのようだ。

 したがって、2、3カ月後には、山のような刷新的な計画が実を結ぶと想定できそうだ。

 医療備品に関して、新型コロナウイルスが収束するまではあらゆる手段を講ずるべきである。

(イメージ写真提供:123RF)

https://nulltx.com/chinese-courier-sf-express-experiments-with-blockchain-technology/

This story originally appeared on NULLTX.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて