6万6000人のスペイン人仮想通貨トレーダーに所得税支払い警告

100471878_s_Spain.jpg

 19年度は今まで以上に多くのスペイン市民が仮想通貨取引を行ったか、もしくはスペイン税務当局が市民の仮想通貨に関連する活動監視を強めたのか。スペイン税務当局が前年同時期より4倍以上の仮想通貨所得の警告状を送ると発表した。

 ヨーロッパプレスによると、スペイン歳入省、国税省(AEAT)、は仮想通貨取引所得の税回避や不払いを取り締まる運動の1つとして市民に66000通もの警告状を発行する予定だ。

 当局の運動は4月1日から始まり、6月30日まで続く。国が致命的なコロナウイルスと闘っている間は一時的な休止を期待していたスペインの仮想通貨トレーダーは、考えを改めなければならないだろう。

 AEATは14700通の警告状を発行した際、仮想通貨トレーダーに19年の所得税申告書を提出しなければならないことを警告し始めた。

 AEATはまた土地の貸し出しで収入を得ている大家や、海外拠点の収入源や海外ベンチャー企業からの収入があると思われる個人にも同様の警告状を発送した。

 税務当局は1月、新たな監視制度と共に、20年は仮想通貨の視察を強化するつもりだと述べた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/66-000-spanish-crypto-traders-warned-to-pay-tax-on-their-ear-6180.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて