仮想通貨トレーダーの32%が規制を最も大きなリスクと回答―クラーケンのアンケート調査

121310798_s.jpg

 「大規模な仮想通貨の普及」は仮想通貨コミュニティが長い間議論していることである。安全資産であろうが、ヘッジ手段であろうが、仮想通貨の利用はその利用ケースもしくはそれを支えている技術によって促進されている。

 サンフランシスコに拠点を置く仮想通貨交換所であるクラーケンは400名のVIP仮想通貨トレーダーにアンケート調査を行い、大規模な仮想通貨の普及について尋ねた。

 この調査の回答者は、20年に仮想通貨の普及を加速させる主要なきっかけを指摘するよう尋ねられた。回答者の19%は、中央銀行、企業、各国の政府、機関、小売店利用者への普及が仮想通貨の普及を加速させるだろうと答えた。5月に訪れるビットコイン<BTC>の半減期も、回答者の15%によって仮想通貨普及のきっかけになると指摘され、さらに回答者の27%は政治的な対立、戦争、FOMO(取り残されることへの恐怖)、危機を指摘した。

 また、この調査で回答者は、20年における仮想通貨産業への最も重大なリスクも答えるよう尋ねられた。回答者の32%が規制を最も大きな障害と指摘した一方で、回答者の23%は詐欺、ハッキング、騙し行為を指摘した。さらに、回答者の13%は政府による取り締まりを指摘した。残りの32%の回答者は世界経済の失速、大口投資家、変動性、開発・プロジェクトの失敗、デマをリスクとして指摘した。

 仮想通貨の大規模な普及を妨げるさらなる障害は、まだ未解決のSEC(米証券取引委員会)によるビットコインETFの承認と現在進行中のフェイスブックによるリブラの開発である。回答者の48%はビットコインETFはSECに承認されると述べ、52%は承認されないと回答した。リブラについては、回答者の43%がリブラを「仮想通貨産業にとってポジティブなもの」と考えるだろうと述べた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://eng.ambcrypto.com/32-of-crypto-traders-view-regulation-as-the-biggest-issue-according-to-this-survey/

This story originally appeared on AMB CRYPTO.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて