<今日の仮想通貨市況>BTCは軟調、新型コロナ感染拡大で現金化の流れ継続

50984656_s.jpg

 30日午前10時45分現在のビットコイン<BTC>は1BTC=63万8000円前後(過去24時間比4.8%安)、イーサリアム<ETH>が1ETH=1万3500円前後(同3.1%安)、XRP<XRP>が1XRP=18円前後(同4.8%安)などとなっている。ただ、このうちXRPは前週に強気相場へ移行するとの一部報道があって急伸したため、前週比ではプラス圏を維持している。

 週末の仮想通貨は、28日早朝に下げ足を速めて70万円を割り込んだあとジリ安商状となった。30日未明には下げ幅を拡大している。新型コロナウイルスの世界的なまん延を背景にした保有資産の現金化の流れが継続している。米経済対策案が成立したものの市場の反応は限定的。新型コロナをめぐって応酬を繰り広げていた米中首脳の電話会談では連携していくことを確認したものの目立った進展もなく、材料視されなかった。

 このほか、ブロックチェーン技術を使って新型コロナウイルスの関連方法を共有する「MiPasa」が立ち上げられたことが話題となった。IBM、オラクル、マイクロソフトなどが参加している。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて