マネーグラム、報奨金のXRPを即売却か

moneygram_93497579_s.jpg

 仮想通貨業界ではパートナーシップの構築が不可欠だ。リップルはマネーグラムと提携しており、この協力によって両社は等しく利益を得ているようだ。

 マネーグラムはODL(オンデマンドの流動性)事業を通じてXRP<XRP>を利用している。

●マネーグラムは受け取ったXRPを保持していない

 これは、送金業者であるマネーグラムがより迅速で安価な送金手段を提供する助けとなる。

 また、リップルの投資戦略の一環として、マネーグラムはリップルから多額のXRPを受け取っている。

 このXRPのうち約1130万ドル相当がこれまでに売却された。

 これらのトークンの売却方法には明確でない部分がある。

 通常の交換所が使われた可能性は低いようだが、この件についてはほとんど情報が無い。

 リップルから受け取ったXRPの売却は当然のことだ。

 マネーグラムは19年に提携してすぐにこれらの「報奨金」を売却したようだ。

 デジタル資産を受け取っている企業の間では、こうした戦略は珍しくない。

 さらに、マネーグラムは報奨金のXRPを今後も全て売却し続けるつもりのようだ。

 リップルがこの件をどう考えているかは誰にも分からない。

 リップルの他のパートナーの一部も同様のアプローチを取っているという説は有力だ。

 受け取った資金がその形態ですぐに使用されない場合、価格変動を避けるために両替するのは賢明な行動だ。

(イメージ写真提供:123RF)

https://nulltx.com/moneygram-allegedly-sells-its-xrp-incentive-payments-quickly/

This story originally appeared on NULLTX.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて