マネックス、株主優待でビットコイン贈呈

88492163_s.jpg

 日本のマネックス・グループが、株主優待で仮想通貨を贈呈する新たな金融会社、そして年度末の優待でビットコイン<BTC>を付与する初の大手証券会社となる。

 公式発表によると、日本有数の証券会社で仮想通貨交換所のコインチェックを運営するマネックスは、全ての株主に500円(4.52ドル)相当のビットコインを贈呈する。保有する株式の数によって金額が変わるかどうかは明らかにしなかった。

 ポイントは、この優待を受け取るにはコインチェックで口座をすでに保有しているか、または新たに口座を開く必要がある点だ。

 同社は、今回の配布は年度末の優待に追加されると述べた。19年度は3月末に終了する。

 マネックスは、ビットコインの配布を1度限りにするか、今後再び株主に仮想通貨を贈呈するかはまだ決定していないと述べた。

 同社は次のように記した。

 「マネックスが20年度に株主優待でビットコインを提供し続けるかどうかはまだ決まっていない」

 今回の動きに先立ち、19年には仮想通貨交換所を運営するSBIが、子会社であるモーニングスターの株主に対し似た金額のXRP<XRP>の贈呈を開始していた。

 SBIはモーニングスターの株主に対し、19年度の中間期と年度末の優待でXRPを贈呈。こちらでも優待を受け取るには、SBIVCトレードの既存顧客であるか、同プラットフォームで口座を開く必要があった。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/major-securities-firm-gives-its-shareholders-bitcoin-benefit-6091.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて