ウイルスと戦うため、仮想通貨会社がマスク製造に進出

5869856_s.jpg

 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)に対し、韓国の仮想通貨会社が起業家らしい対応に打って出た。フェイスマスク工場を新設し、顧客が自社発行トークンを使って購入した場合に割引を提供することにしたのだ。

 ネットメディアのZDNetコリアによれば、仮想通貨決済プラットフォームを運営するパンダグラムは、京畿道軍浦市(ソウル近郊)にマスク製造工場を設置した。同社は現在、大気汚染対策マスクと手術用マスクの2種類の製品を製造しており、4月中にはこれらの商品を自社独自のアンドロイドモバイルアプリで販売できるようになると述べている。

 同社はマスクのパッケージとなる画像を公開した。画像はマスクが最小0.4マイクロメートルの粒子をブロックできるとうたっている。

 このマスクはまだ認可を受けていないが、パンダグラムはすでに、マスクや防護服の認可を与える機関である韓国衣類試験研究院への申請を済ませたと述べている。同社は製品がKF94の評価を得ることを期待している。KF94は、アメリカのフェイスマスク規格N95や中国のKN95認定に相当する。

 同社は、自社のPandabitトークンでの支払いを選択した顧客に対する割引を提供する予定だと述べている。また、同社はグッド・ピープルという慈善団体にすでに5万枚のマスクを寄付したと主張している。グッド・ピープルは感染爆発の影響を受けている医療従事者や高リスク集団を支援している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/this-crypto-firm-turns-its-hand-to-mask-manufacture-to-fight-6083.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて