米人気テレビドラマにBCの影響受けたアプリ登場

115125607_s.jpg

 HBOの人気シリーズ『ウエストワールド』の新シーズンにはBC(ブロックチェーン)の観点が導入された。さらに番組には、野心的な犯罪者たちが自らの仕事を宣伝する場となる、BCの影響を受けたアプリが登場する。番組を製作したのは、BC技術が社会を「揺るがす」ほどの影響力を持つだろうと考えている男性だ。

 番組の共同制作者でありエクゼクティブ・プロデューサーでもあるジョナサン・ノーラン氏は、インタビューの中で番組の第3シーズンについて語った。第3シーズンには様々な犯罪者たちが自分の能力を売り込んだり、悪事の専門家を雇ったり、さらには暗殺者を探すことまで出来る、Ricoという名のアプリが登場する。

 雑誌バラエティのインタビューで、ノーラン氏は以下のように述べた。

 「Ricoは、私たちのアルゴリズム的なギグ・エコノミーが極端な所まで行った姿のあからさまなパロディだ。Ricoを後押しする要素のひとつはBCのアイデアだ。BCへのシフトが世界をどれほど揺るがすことになるか、人々は理解していないと思う。」

 同じく製作総指揮であるリサ・ジョイ氏は続けてこう語った。

 「(ノーラン氏は)BCに少々取り憑かれている。」

 アメリカでは3月15日に放送された、シーズン最初のエピソードが終わった後に行われた短いインタビューの中で、ノーラン氏はRicoのようなプラットフォームは現実世界にも出現する可能性があり、それがBC技術の「終局的」なシナリオとなるかもしれないと推測した。

 このアプリの名称は、賭博、殺人、誘拐、放火、薬物売買、贈収賄をはじめとする35のラケッティア活動を定義したアメリカの法律、RICO法(威力脅迫および腐敗組織に関する連邦法)を参考にしている。

 「ウエストワールド」は1973年に公開された同名の映画を下敷きにしており、2016年から放映されている。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/westworld-showrunner-blockchain-obsession-sparks-app-storyli-6047.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて