BTCは信頼を取り戻す必要、ノヴォグラッツ氏が助言

92791085_s.jpg

 最近の仮想通貨市場の下落は高値で購入している人々にとっては悪い出来事であり、潜在的な新たな投資家を遠ざけるものかもしれない。しかしマイク・ノヴォグラッツ氏によると、これは間違いなく資産クラスとしての仮想通貨の終わりではない。同氏はまた、下落中の資産に余り早く飛びつかないことを推奨した。

 投資銀行に勤めた経験を持ち、現在はデジタル資産投資銀行ギャラクシー・デジタルの創業者兼CEO(最高経営責任者)である同氏は、16日に行われたアンソニー・ポンプリアーノ氏のポンプ・ポッドキャストにおける対談でこの発言を行った。同氏はまた、今回の下落は仮想通貨の普及が12-18カ月後退することを意味するとの考えを述べた。

 ノヴォグラッツ氏は、「今回の出来事は恐らく、ビットコイン<BTC>が価値の保存手段であるというストーリーや説明を12-18カ月後退させるものだ。我々はこれを乗り越え、その上で信頼を取り戻さなければならない」と説明した。

 同氏はまた、今回の状況は結果的に「我々の人生の中で最も大きなデフレ圧力の1つ」とみなせると述べた。仮想通貨も金もインフレに対するヘッジだと広く考えられているため、デフレはこれらの資産の値下がりを意味する。「振り返ってみると、金とビットコインの今回の動きは印象ほど不合理ではないかもしれない」とノヴォグラッツ氏は述べた。

 しかし、同氏はこのデフレは一時的なものである可能性が極めて高いと付け加え、「個人的には短期的なデフレになり、インフレの炎が掻き立てられると考えている。想像より早く経済は回復し、流動性が高まると考えているからだ」と述べた。

 仮想通貨からコロナウイルスとその経済への影響まで多方面に及んだ対談の中で、ノヴォグラッツ氏は、経済を保つために米国政府が前例のない財政措置を講じることを期待していると述べた。同氏はこれらの措置には「必要とする人々への無条件なベーシックインカム」が含まれる可能性があると述べ、香港がすでにこれを行っていると論じた。

 この対談でノヴォグラッツ氏が共有し、同氏が自分自身にもよく言い聞かせているという他の教訓は、たとえ安く見えても下落中の資産には余り早く飛びつかないというものだ。

 ノヴォグラッツ氏は、「市場が崩壊した時に人々が犯す最大の間違いは、余りにも早く戻ろうと考えることだ。トラブルは常に想像を超える」と述べ、次のように付け加えた。

 「私も時々間違いを犯すが、『何かを買いたい時は長い散歩に出かけ1週間後に見直してみよう』そうすると大抵はより悪化している、と自分自身に言い聞かせている。一旦悪くなり始めると、しばらくは悪いままだ」。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/bitcoin-will-need-to-rebuild-confidence-says-novogratz-and-g-6051.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて