米国のオペラ利用者、アップルペイやデビットカードでBTCとETHの購入が可能に

Opera_84459432_s.jpg

 モバイル及びデスクトップ用ウェブブラウザのオペラを利用する米国民が、より迅速かつ容易に仮想通貨を購入できるようになる。米国のアンドロイド利用者は現在デビットカードを用いた購入が可能で、iOS利用者はアップルペイを用いてブラウザ独自の仮想通貨ウォレットから直接ビットコイン<BTC>とイーサリアム<ETH>の両者を購入できる。

 オペラは公式発表の中で、米国の仮想通貨仲買会社であるワイアと協力し、仮想通貨ウォレット事業を拡大するための契約を結んだと述べた。

 オペラはノルウェーの企業で、19年にはノルウェー、スウェーデン、デンマーク在住の利用者向けにアンドロイド及びiOS用ブラウザに仮想通貨購入機能を導入した。

 同社は次のように付け加えた。

 「オペラは間もなく他の国々でもシームレスな仮想通貨のチャージを導入する予定だ」。

 同社によると、今回の動きは「ウェブ上での仮想通貨利用にまつわる障害を無くすための戦略」における「次の一手」だという。

 オペラは18年に仮想通貨ウォレット機能を備えた「BC(ブロックチェーン)対応」アンドロイド用ブラウザを初めてローンチした。

 オペラで仮想通貨担当の責任者を務めるチャールズ・ハメル氏は次のように述べた。

 「かつて、仮想通貨の取得は数時間あるいは数日間かかる面倒なものだった。30秒もかからないこのシームレスなソリューションをそれと比べると、まさに革命的だ」

 オペラは、自社には3億2000万人のアクティブ・ユーザーが存在すると述べた。

 今回のニュースに先立ち、分散型ブラウザを手掛けるブレイブは最近ある提携を発表した。この提携によって、ユーザーはアマゾンやウーバーなどの商品及びサービスにネイティブ・トークンを利用できるようになるという。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/opera-lets-us-users-buy-bitcoin-ethereum-with-apple-pay-debi-6049.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて